주요 기사 바로가기

<野球>読売コーチ「李承?が2軍へ行く理由はない」

2008.09.02 16:36
0



李承燁(イ・スンヨプ、32、読売ジャイアンツ)の1軍残留の可能性が高まっている。 読売コーチ陣が「李承燁が2軍へ行く理由はない」と存在の必要性を明らかにしたからだ。

スポーツ報知紙は2日、「外国人先発投手バーンサイドの1軍復帰シナリオは相変わらず有効」としながらも、李承燁の活躍に重点を置いて報じた。

同紙は「李承燁が成績を出して1軍で生存することを誓った」と伝えた。 原辰徳監督は「バーンサイドが7日のヤクルト戦に先発する可能性はまだ残っている」とし、今後の5試合で李承燁に自分の席を守れ、というメッセージを送った。

バーンサイドが1軍に上がれば、外国人枠を空けるために李承燁が2軍へ行かなければならない。 「打者・李承燁」の効用と「先発バーンサイド」の価値を水平比較するのは難しいが、李承燁が5番打者として残ることが生存競争での勝利を意味する。

現在までの雰囲気は李承燁が有利だ。 李承燁は復帰した28日から4試合で15打数7安打(4割6分7厘)を記録している。 特に30日の阪神戦では決勝打を含む3打数3安打、31日の阪神戦でも2安打のほか進塁打を放った。

李承燁は「今は自信を持って打席に入っている」と話した。 北京五輪で活躍しながらも本来の調子を取り戻せなかった負担感をある程度解消した。 まだ長打は出ていながいが、少しずつ軌道に乗っている。

篠塚打撃コーチは「本塁打が出ればさらに勢いに乗るだろう」と評価した。 村田打撃コーチも「今の状態なら李承燁を(2軍に)落とす理由はない」と語った。

李承燁は2日から広島との3連戦に入る。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>読売コーチ「李承?が2軍へ行く理由はない」

    2008.09.02 16:36
    뉴스 메뉴 보기
    TOP