주요 기사 바로가기

政府「独島に安竜福、異斯夫の銅像を建設」

2008.07.22 10:03
0
与野議員は国会本会議の緊急懸案質疑で独島(トクト、日本名・竹島)が韓国の領土であることを明確に示すためのアイデアを次々に提案した。ハンナラ党の元裕哲(ウォン・ユチョル)議員は「于山国(ウサングク)を新羅(シルラ)に帰属させた異斯夫(イサブ)と朝鮮時代に独島を守り抜いた安竜福(アン・ヨンボク)の銅像を独島に建設しよう」と提案した。鄭鍾煥(チョン・ジョンファン)国土海洋部長官は「来年から鬱陵島(ウルルンド)に安竜福記念館の建設を計画しており、できる限り建設する方向で検討する」と話した。

自由先進党の李明洙(イ・ミョンス)議員は「独島の名称を古代朝鮮の文献に出てくる最も古い名称である武陵島(ムリョンド)に変えよう」と主張した。民主党の崔英姫(チェ・ヨンヒ)議員は「日本から未来志向関係の代わりに、今までよりもさらに露骨な領土侵害に遭った」とし「外交家が何かも知らず、オウンゴールを入れた失跡外交だ」と批判した。

李祥羲(イ・サンヒ)長官は独島に軍兵力を駐屯させるべきだという主張に対して「長期的に、戦略的に検討しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP