주요 기사 바로가기

李文烈氏「ろうそく集会鎮圧する義兵運動が起きねば」

2008.06.17 15:29
0

 小説家の李文烈氏が米国産牛肉輸入反対に触発された今回の問題について「これからはろうそく集会に対する義兵運動が起きなければならない時」と主張した。

李氏は17日、平和放送『開かれた世の中 今日!イ・ソクウです』に出演し「義兵は国家が外的の侵入を受けたときだけではなく、内乱に処したときも立ち上がるもの」とし「洪景来(ホン・ギョンレ)の乱は地方官軍と義兵連合軍が鎮圧した。これからは義兵のような反対世論が大きく起きなければならない」と述べた。

李明博大統領の支持率下落については「10%というが信じない。少なくともプラスマイナス10%以上の誤差が出るはずだ」とし「李大統領の性急さと不注意、先取りしようとする意欲などが(支持率)下落の原因だろうが、ほかの社会的操作も多く介入されていると思う」と述べた。

また「米国産牛肉輸入反対を主張した人が、突然公営放送を死守しなければならないと言っているのは話にならない。彼らが主張する“政府の公営放送掌握陰謀”は“陰謀”という言葉をどこに使うか知らずに使っている言葉だ」と非難した。また「公営放送は政府に人事権があるのは当然のことだ」とし「(こんな点を見た場合)どこで歪曲されたか見当をつけることができる」と付け加えた。

20日を時限としている狂牛病(BSE)国民対策会議の政権退陣運動については「火遊びを長くすれば結局やけどを負うことになる。ろうそくのいたずらを長くやりすぎているようだ」と皮肉った。また「背後勢力は犯罪組職のように後ろに立ち構えているというよりは、自発性と純粋性を偽装することができるだけの無形の非組織的性格も背後といえば背後だ」と言った。

李氏は保守陣営の危機説については「大統領を500万票以上で勝たせた汎保守が、憲法を変えることができる議席を与えたのに、途方に暮れる姿を見ると絶望感を覚えるときがある」と話した。


★ 関連䲋事 ろうそく集会反対1人デモを行うイ・セジンさん <米輸入牛肉問題>保守団体「冷静さを取り戻してFTAに全力を」 ソウル太平路すっぽり覆ったろうそく…6・10抗争後、最大デモ決行

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李文烈氏「ろうそく集会鎮圧する義兵運動が起きねば」

    2008.06.17 15:29
    뉴스 메뉴 보기
    TOP