주요 기사 바로가기

ハンナラ党「ろうそく集会、政治闘争に変質」

2008.06.16 10:09
0
ハンナラ党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)院内代表は15日、「ろうそく集会の性格が政治闘争に変わりつつある」と主張した。ソウル汝矣島(ヨウィド)の党事務所で開かれた記者懇談会の席での発言だ。

洪代表は「ろうそく集会の性格が変わってきている。大運河、公共改革反対、KBS監査問題などによって政治闘争の場に変わりつつある」とし「ろうそく集会が常時化し、“プロ”を中心に政治集会、政治闘争や政権退陣の場に変化しては国民と呼応できなくなる」と指摘した。

洪代表は「政府が人的刷新、国政刷新を行い、国民を安心させる必要があり、それらが早期に行われることを要求する」と話した。

また洪代表は「国民は変化した青瓦台(チョンワデ 大統領府)と政府を望んでいる」とし「青瓦台と政府がこれを機に再び生まれ変わり、国民に歩み寄ることを要請する」と強調した。


★ 注目記事 【社説】ろうそく集会に便乗する利益団体 「反政府闘争に変質したろうそく集会が残念」…ネチズンの声

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP