韓国検察、大韓航空本社を家宅捜索…横領・背任容疑

韓国検察、大韓航空本社を家宅捜索…横領・背任容疑

2018年05月31日14時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  検察が趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長一家の脱税・横領などの疑いで大韓航空の本社を家宅捜索している。

  検察によると、ソウル南部地検はこの日午前9時30分から捜査官およそ30人を投入し、ソウル江西区(カンソグ)の大韓航空本社財務本部事務室などを家宅捜索し、関連資料を確保しているという。ソウル地方国税庁が趙会長を数百億ウォン台の脱税容疑で告発した後、南部地検は企業・金融犯罪担当部が捜査をしてきた。

  趙会長らは父・趙重勲(チョ・ジュンフン)元韓進グループ会長の海外不動産・預金を相続する過程で申告をしなかった疑い。また、検察は趙会長一家と周囲の口座で疑わしい資金の流れを見つけ、不正な資金づくりがあったかどうかなどを捜査している。

  これに先立ち検察は24、25日、こうした疑いのためソウル中区の韓進ビルなどを家宅捜索した。28、29日にも韓進の関連会社などを家宅捜索したと伝えられた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事