【社説】韓国野党代表は本当に変化したのか

【社説】韓国野党代表は本当に変化したのか

2015年02月12日13時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表が昨日発表した主要党職の人選を見ると、派閥葛藤と全党大会の後遺症を収拾しようと努力したことが分かる。まず党の事務総長に孫鶴圭(ソン・ハッキュ)系に分類される梁承晁(ヤン・スンジョ)議員を座らせた。政策委議長には光州(クァンジュ)出身であり丁世均(チョン・セギュン)系に分類される姜琪正(カン・キジョン)議員を任命した。これに先立ち報道官に金槿泰(キム・グンテ)系の兪銀恵(ユ・ウンヘ)議員を任命したのに続き、非盧陣営の金瑛録(キム・ヨンロク)議員(朴智元系)を首席副報道官に抜てきした。

  党代表選挙で自分を支援した議員を排除し、金槿泰・孫鶴圭・朴智元(パク・ジウォン)系など各派閥に幅広く配分したという点で評価される。文代表が選挙期間中に強調した党内の和合と国民統合に一歩近づいたと評価できる。代表就任初日には党内の反発にもかかわらず、李承晩(イ・スンマン)、朴正熙(パク・ジョンヒ)元大統領の墓参りをし、過去とは違う姿を見せた。

  しかし果たして文代表が本当に変わったのか首をかしげる国民は少なくない。指導部が見せた突出行動と行き違いのためだ。李承晩・朴正熙元大統領の墓参りに最高委員5人全員が参加しなかったが、文代表は5人を説得しようという努力もせず、不参加に対する自分の立場も説明しなかった。さらに鄭清来(チョン・チョンレ)最高委員が朴正熙元大統領をヒトラーに例えて文代表の墓参りを非難したことについても、自分の墓参りも、鄭最高委員の批判もすべて「党を救おうという趣旨」というあいまいな発言で避けた。強硬派の批判に正面から対抗できない姿を見せたのは残念だ。このようなリーダーシップでどのように党を革新していくのかも疑問だ。

  また、国家情報院の書き込み事件の控訴審で選挙法違反が認められると、文代表は「朴槿恵(パク・クネ)大統領が謝罪するべき」と主張した。これは最高裁の最終判決が出ていない状態で第一野党の代表が話す言葉ではない。さらに前回の大統領選挙当時に朴大統領と競争した文代表がしてはならない深慮を欠いた発言だった。さらに朴大統領に向かって「大統領職が有効なのか」という発言が最高委員の口から出たが、これをほう助、黙認した。文代表のリーダーシップと資質に疑問に抱かせる言動だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事