주요 기사 바로가기

「朴大統領、他国の話をしているのかと思った」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.14 16:40
0
新政治民主連合の文喜相(ムン・ヒサン)非常対策委員長が13日、新年記者会見を行い、「改憲にもゴールデンタイムがある。この時期にしなければ永遠にできない」と述べた。前日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が「経済のゴールデンタイム」を強調し、改憲議論に否定的な立場を明らかにしたことに対し、正面から反論する発言だ。

文委員長は「大統領は国会にあれこれいう資格がない」とし「大統領がなぜ憲法を論じることさえ禁じて、与党を挙手機のようにさせるのか。これは大統領の権限を越える」と批判した。続いて「経済活性化のためにできないという言葉も正しくない。1987年の改憲当時、経済成長率は歴代最高となった。今後12カ月以上も大きな選挙がないが、このような適期がどこにあるのか」と主張した。

文委員長は朴大統領の新年記者会見について、「時間は長かったが内容がなく、言葉は多かったが希望がなかった」とし「ひょっとして大統領が今日の状況を正確に認識していないのではないかと疑いを抱いた」と酷評した。「昨日の記者会見を見ながら『他の国の話』をしているのかと思った。大統領が見る経済指標と国民が見る経済指標は正反対であり、あまりにも違うため」とも語った。

文委員長は「家計負債爆弾、自営業者の借金爆弾、国家負債爆弾など、いつ爆発するか分からない爆弾を抱えて全国が借金の返済に苦労している状況で、金を借りて家を買い、金を借りて子どもの教育をしろという政府の政策は庶民としては対策にならない」と主張した。

「青瓦台人的刷新」問題については「大統領は側近について『私心がない』『抗命でない』『交代する理由がない』と言って肩を持った。青瓦台の中で問題が発生したが、その中で指揮責任を取る人が一人もいないということがあり得るのか」と述べた。

文委員長は記者との問答では、「ある方は私が朴大統領が好きだから“好朴”とし、“愛好朴”という方までいた」とし「私はそれほど不快ではなかったし、確かにそのような側面がある」と話した。しかし文委員長は「今からでも大統領は48.5%の反対勢力まで抱えていく100%青瓦台、母のような大統領にならなければいけない」と忠告した。

鄭東泳(チョン・ドンヨン)元議員が新政治連合の「右傾化」を理由に離党したことに対し、文委員長は「寂しく残念なことだ。全党大会が進行中のこの時期に出て行かなければいけないのか問いたい」と批判した。

文委員長は党内の次期大統領候補に関する考えを尋ねた質問には「安熙正(アン・ヒジョン)忠南知事は柔軟性、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は実用性、文在寅(ムン・ジェイン)議員はヒューマニズム、丁世均(チョン・セギュン)議員は安定性、安哲秀(アン・チョルス)議員は知性、李仁栄(イ・インヨン)議員は躍動性、秋美愛(チュ・ミエ)議員は気品が長所」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「朴大統領、他国の話をしているのかと思った」

    2015.01.14 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    文喜相(民主ムン・ヒサン)新政治民主連合非常対策委員長が13日、国会図書館で、「政府の経済方向は全面的に見直すべき」と述べ、新年記者会見をしている。
    TOP