韓国体操金メダリスト・梁鶴善の“ビニールハウス家”に新しい家

韓国体操金メダリスト・梁鶴善の“ビニールハウス家”に新しい家

2012年08月17日14時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国体操金メダリストの梁鶴善(ヤン・ハクソン)選手。
  「ロンドンオリンピック(五輪)で金メダルを取り、ビニールハウスで暮らす両親に家を建ててあげたい」と約束していた事実が知られ、韓国国民の胸を深く打った体操金メダリストの梁鶴善(ヤン・ハクソン)選手に新しい家ができる。

  16日、全羅北道(チョルラプクド・以下、全北)道庁でソンウ建設のカン・ドンボム代表取締役とキム・ワンジュ全北道知事、イ・ガンス高敞(コチャン)郡主、梁鶴善選手の母親(キ・スクヒャンさん、43)らが参加する中、「ラブハウス寄贈協約式」が行われた。協約式で、全北の郷土企業であるソンウ建設のカン代表は「劣悪な環境の中から世界の頂上に駆け上がった梁鶴善選手の意志と両親への親孝行に感動した」とし「梁選手の家族が安定して高敞に住み続けられるように住宅を新築して寄贈する」と明らかにした。ソンウ建設は、現在は梁鶴善選手の家族が住むビニールハウスのある高敞郡孔音面石橋里(コチャングン・コンウムミョン・ソッキョリ)に、今年末までに100平方メートル規模の一戸建てと農業資材倉庫を建てる計画だ。

  梁選手の本来の故郷は光州(クァンジュ)広域市だが、工事現場で働いていた父親が肩を負傷して現場の仕事に通えなくなり、2年前にこの地に引っ越してきた。農家住宅を建てる計画で、昨年3月にビニールハウスに移ったが、事情がよくなく2年目も継続してビニールハウスで暮している。梁選手は泰陵(テルン)選手村の訓練費(月額80万ウォン、約5万6000円)を集めて母親の通帳に振り込むほど孝行心があつい。梁選手の母親のキ・スクヒャンさんは「素敵な家を贈り物としていただき、とても感謝している。嬉しい」とし「鶴善が4年後のブラジルオリンピック(五輪)でも良い成績が収められるように世話に最善をつくしたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事