韓経:脱原発の韓国の弱点狙ったUAE、整備価格買いたたき

韓経:脱原発の韓国の弱点狙ったUAE、整備価格買いたたき

2019年01月08日11時25分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アラブ首長国連邦(UAE)が韓国型バラカ原子力発電所の長期整備契約(LTMA)を国際競争入札方式に変えたのに続き、買いたたきまで試みていることが確認された。脱原発を宣言してから立地が狭まった韓国を相手に事実上の「赤字契約」を要求するのではないかとの指摘が出ている。

  7日の原発業界によると、UAE原子力公社(ENEC)のムハンマド・アル・ハマディ社長が先週実務陣を率いて訪韓し、産業通商資源部だけでなく韓国電力、韓国水力原子力、韓国電力KPSなど原発公企業関係者らと会った。UAE側は韓国がLTMA入札に参加する場合、整備供給契約価格を通常価格より30%低く提示することを要求したという。原発業界関係者は「脱原発という弱点を狙い法外に低い価格を要求したもの。赤字契約を結ばなくてはならないところだ」と話す。

  韓国型原子炉4基で構成されたバラカ原発は韓国初の輸出型原発で、今年末に商業運転を控えている。LTMAは15年間にわたり原発の整備・修理の責任を負う契約で、2兆~3兆ウォン規模だ。当初韓国との随意契約が予想されたが、UAEが2017年に突然競争入札に変更した。UAE側は早ければ今月末にも入札をする予定という。

  UAEの無理な要求に韓国が結局赤字契約を結ぶのではないかとの懸念が出ている。韓国型原発を作っても整備契約を逃す場合、脱原発政策のせいとの批判があふれることを韓国政府の負担になるためだ。ある公企業関係者は「UAEの整備契約を無条件で獲得するよう青瓦台(チョンワデ、大統領府)の指示があったものと承知している。ひとまず低価格契約でも結んだ後に補填を受ける方策を求める可能性もある」と話した。

  これと関連して、産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は12日にUAEを緊急訪問しLTMAを集中議論することにした。成長官のUAE訪問は昨年9月の就任後初めてだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事