口蹄疫で旧正月連休中も緊張…韓国牛・豚家畜市場を3週間閉鎖

口蹄疫で旧正月連休中も緊張…韓国牛・豚家畜市場を3週間閉鎖

2019年02月02日15時04分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
旧正月連休を控えて口蹄疫が発生した中、1日、忠清南道論山(ノンサン)の韓牛市場で防疫作業が行われている。論山韓牛市場はこの日閉鎖された。
  旧正月連休に入ったが、全国は口蹄疫のため非常事態を迎えている。

  農林畜産食品部の李介昊(イ・ゲホ)長官と行政安全部の金富謙(キム・ブギョム)長官は1日、牛・豚家畜市場の3週間閉鎖、緊急ワクチン接種などの対策を出した。

  安城(アンソン)の農家に続いて先月31日には忠清北道忠州(チュンジュ)の韓牛農場でも口蹄疫が相次いで発生したことをに関し、李介昊長官は「疫学調査中だが、第1・2次(安城)発生農場と第3次(忠州)発生農場間の車両や直接的疎通は確認されていない」とし「第2次発生農場と第3次農場間のウイルスは100%一致する」と伝えた。

  この日、農林部が出した対策は▼1月31日から2月2日まで全国畜産関係者と車両の移動中止命令▼同じ期間の畜産管理施設と車両の集中消毒実施▲全国牛・豚ワクチン緊急措置▼牛・豚家畜市場の3週間閉鎖および農家会合全面禁止--など。行安部は地方自治体別に災難安全本部を設置することにした。

  李介昊長官は「口蹄疫は人に感染しない」とし「また、口蹄疫に感染した家畜はすべて処分されたので、安心して食べてもかまわない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事