7男6女、文鮮明統一教総裁の後継構図は…

7男6女、文鮮明統一教総裁の後継構図は…

2012年09月04日15時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の他界で統一教は最大の危機を迎えた。 それだけ故人の教団内の地位は絶対的だった。

  統一教側は「今後、総裁職は韓鶴子(ハン・ハクジャ)世界平和女性連合総裁が務める」と明らかにした。 また文総裁が生前に整理した通り、「大型企業群」を管理する統一教有志財団理事長は四男の文国進(ムン・ククジン)氏(42)が担当することになった。 統一教の核心である教会は七男の文亨進(ムン・ヒョンジン)氏(33)が管理する。 文亨進氏は07年にソウル竜山(ヨンサン)で世界本部教会堂会長に任命されたのに続き、08年には統一教世界会長になった。

  問題は数兆ウォン台と推定される財産をめぐる家族間の法廷攻防だ。 特に三男の文顕進(ムン・ヒョンジン)氏(43)が現在の後継構図に批判的だ。 文総裁は当初、文顕進氏を後継者にしようとした。 しかし亨進氏に変更された後、顕進氏には世界平和活動という漠然とした職責を任せた。 顕進氏の夫人の父の郭錠煥(クァク・ジョンファン)牧師もかつては統一教の第2人者だった。 世界会長を務めた。 しかしその後、娘婿とともに統一教の核心から外された。

  この過程で顕進氏は統一教傘下の企業を率いるUCI財団を掌握した。 郭牧師の息子らを取締役とした。 UCI財団は米国の大手水産物流通企業トゥルーワールド水産業と航空会社のワシントンタイムズ航空(WTA)、新世界(シンセゲ)百貨店が入居するソウル盤浦洞(バンポドン)セントラルシティとJWマリオットホテル、イルソン建設など、収益性が高い企業を所有している。 統一教の立場では放棄しがたい企業だ。

  このため統一教側はUCI財団を相手取り米国で訴訟を起こしている。 財団が一定規模以上の資産を売却する場合、統一教側にも知らせるという判決を受けた。 国内では顕進氏が昨年、母の韓氏を相手取りWTAで得た不当利得金240億ウォン(約17億円)の償還を求めて訴訟を起こし、これを受け取った。 UCI財団をめぐり双方が長期にわたり法理論争を繰り広げる場合、統一教の将来は予測しがたい。 文総裁の生前には表面化しなかったことだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事