韓経:サムスン電子、特許出願件数世界2位…1位はキヤノン

韓経:サムスン電子、特許出願件数世界2位…1位はキヤノン

2019年01月02日09時51分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子が特許出願件数で世界2位を占めたと調査された。

  世界知的所有権機関(WIPO)はこのほど刊行した報告書「世界知的財産指標2018」で、サムスン電子が2013~2015年に2万1836件の特許群を出願し世界2位を占めたと発表した。特許群は相互に関連した特許をまとめたものだ。サムスン電子の特許群のうちコンピュータ技術が26.1%で最も大きな割合を占め、デジタルコミュニケーションが15.9%、半導体が11.9%と続いた。

  日本のキヤノンが3年間に2万4006件の特許群を出願し1位を記録した。中国国家電網有限公司(SGCC)は2万1635件で3位に上がった。三菱電機が1万5277件、IBMが1万4972件などと続いた。

  アジア企業の善戦が目立った。50位圏には日本企業が20社で最も多く、中国企業は13社だった。韓国企業は7社が含まれた。LGエレクトロニクスが1万4561件で9位、現代自動車が9209件で18位を記録した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事