【グローバルアイ】二・八独立宣言と「親日知識人」李光洙の娘

【グローバルアイ】二・八独立宣言と「親日知識人」李光洙の娘

2019年01月29日07時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年で二・八独立宣言が100周年を迎える。当時、日本政府が刊行した「朝鮮人概況」などの資料を見ると、100年前に朝鮮人留学生がどれほど日本政府の執拗な監視を受けてきたか知ることができる。留学生は東京に来るまで平均10回の検問を受け、東京に到着すれば留学生監督部に申告をするなど難しい手順を踏まなければならなかった。日本政府は留学生を「甲」号と「乙」号に等級分けして管理をした。1920年に外務省が管理した監視対象人物212人のうち学生は151人にもなった。最近の言葉で言えば、朝鮮人留学生は国家転覆勢力ほどの危険人物だったことになる。

  二・八独立宣言に関する資料はほとんど残っていない。手で手に伝えられてきた彼らの団体写真は、宣言文が作成された翌年の1920年冬、卒業を記念して撮った写真だという。それさえも独立宣言書に名前を入れた11人が全員揃っているわけでもなく、2人は当時の顔写真さえも確保されていない。

  日本で行われた独立運動に対する研究は、その特性上限界があるとはいうが、独立運動史に占める歴史的意味を考える時、絶対的に研究の量や深さが不足しているのは事実だ。これにはこれまで韓国政府が二・八独立宣言に対して無関心だったことが大きい。

  今年三・一運動100周年を迎えて政府がさまざまな記念事業を行いながら、幸い二・八独立宣言も改めて再照明される雰囲気だ。在日本韓国YMCAで開かれる100周年記念行事には報勲処長も初めて出席するという。YMCAと国家報勲処、三・一運動および大韓民国臨時政府記念事業推進委員会が共同で主催する行事だ。

  それとあわせてYMCAが苦悶に陥った事案が一つある。二・八独立宣言の子孫が一部出席することになっているが、このうち李光洙(イ・グァンス)の娘も出席する意向を明らかにしてきたという。李光洙は二・八独立宣言から外すことはできない人物だ。独立宣言日当時は前もって上海に逃げて身を守ったため現場にはいなかったが、後で三・一独立宣言文の母胎となる二・八独立宣言文を直接作成した。

  だが、よく知られているように、李光洙は1940年代に率先して親日行為を繰り広げた人物だ。民族問題研究所が編纂した親日人名辞典には李光洙に割愛された分量が最も多い。ある者は最も悪質な形の親日知識人だったと評価するとも言う。そのため政府が主催する行事に彼の娘が出席してもいいのかという論争が後に従う。

  彼の人生の前半部と後半部のうち、どちらがもっと評価されるべきかはそれぞれの判断が異なる場合もある。また、個人が参加することに対してこれを遮断する方法がない。ただし、不必要な論争によって二・八独立宣言の意味が色あせてしまうことに対しては事前に防ぐ知恵が必要のようだ。

  ユン・ソルヨン/東京特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事