元職員に侮辱・暴力を加えた暴力映像を「記念品」にしていた韓国企業会長

元職員に侮辱・暴力を加えた暴力映像を「記念品」にしていた韓国企業会長

2018年10月31日10時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国未来技術のヤン・ジノ会長が「WeDISK」元職員を暴行して侮辱する言葉を浴びせたという疑惑が提起された。ヤン会長は韓国オンライン・ストレージサービス業界1・2位の「WeDISK」と「Filenori」の実オーナーだ。ヤン会長は最近、デジタル性犯罪事件に関わり警察の捜査を受けている。30日、韓国メディア「ニュース打破(タパ)」は2015年4月8日に京畿道(キョンギド)盆唐(プンダン)WeDISK事務室で発生したヤン会長の暴行の様子を撮った映像を公開した。

  ニュース打破と「真実探査グループSherlock(シャーロック)」が入手して報道した2分47秒分の映像で、ヤン会長は他の職員が見ている前でWeDISK元開発者である男性Aさんの頬と頭を叩いた。また、ヤン会長は屈辱的な謝罪も強要した。ヤン会長はAさんを暴行しながら「お前、死にたくなかったらちゃんと謝れ。XX、自分がやったことに責任を負えよ。俺が謝る機会を与えてやったのにお前が拒否したんだ。じゃあ死ね。このXX」と暴言を浴びせた。これを見ていた職員は誰もヤン会長を制止しなかった。

  Aさんは「会社の顧客掲示板にヤン会長に関連したコメントをしたという理由だけで、多くの職員がいる前で侮辱的な暴行を受けた」とニュース打破を通じて語った。

  さらに衝撃的なことは、該当の映像が防犯カメラや事件関係者による隠し撮り映像ではなく、ヤン会長が自ら撮影を指示して記録させた映像だったという点だ。同社関係者は、ニュース打破を通じて「会社役員でカメラマンがいるが、ヤン会長がそのカメラマンに暴行映像を撮らせた。ヤン会長はこの映像を『記念品』として所蔵した」と明らかにした。暴行を受けたAさんは2012年6月から2013年6月まで同社が運営しりイジウォンインターネットサービスでプログラム開発者として勤務していた。その後、2015年4月8日、同社インターネットサイトの顧客掲示板に「ヤン・ジノ1」というIDでコメントを残した。コメントを作成した後、Aさんはヤン会長側から謝罪するよう電話を受けたし、謝罪のためにヤン会長の元を訪れて暴行を受けた。

  コメントは「すべてに誠実に臨めば年俸バンバン上げてやる」「今も昼夜を問わず働きながら苦労が多い。昼夜逆転で働いているが、どこへ行ってもこれほどの給料はもらえない」などの内容だった。Aさんは「深く考えずにいたずら半分で掲載したコメントだった。そのコメントがこれほどの暴力を受けなければならないものだったのか、まだ理解できない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事