慰安婦被害者2人、台風で被害の大阪朝鮮学校を訪問

慰安婦被害者2人、台風で被害の大阪朝鮮学校を訪問

2018年09月27日15時24分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
大阪朝鮮学校を訪問する2人の慰安婦被害者、金福童(キム・ボクドン)さん(左)と吉元玉(キル・ウォンオク)さん(写真=正義記憶連帯)
  韓国の2人の慰安婦被害者が27日から2泊3日の日程で大阪朝鮮学校を訪問する。

  慰安婦被害者支援団体「正義記憶連帯」は27日、慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん、吉元玉(キル・ウォンオク)さんが大阪朝鮮学校を訪問すると明らかにした。

  台風21号の影響で大阪朝鮮学校ではガラス窓が割れ、壁と屋根が破損するなどの被害が発生した。これを聞いた金福童さんは「日本政府は在日朝鮮学校を全く支援をしないので私たちがしなければいけない」として1000万ウォン(約100万円)を支援した。これに共感した吉元玉さんも300万ウォンを寄付した。さらに韓国の市民が寄付に参加し、こうした集まった寄付金を2人の慰安婦被害者が大阪朝鮮学校に伝える予定だ。

  金福童さんは「自分が病気だからといってやるべきことをしないのはいけない」とし、今回の大阪朝鮮学校訪問を提案したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事