韓経:度が過ぎる日本の「哨戒機挑発」…韓国政界「非常識な挑発を強く糾弾」

韓経:度が過ぎる日本の「哨戒機挑発」…韓国政界「非常識な挑発を強く糾弾」

2019年01月25日09時15分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の韓国政府を相手にした挑発が続いている。1月に3回も韓国艦艇を近接飛行で威嚇した。「レーダー→探知音→低空飛行」と葛藤を深める姿だ。韓国に対する累積した不満の表出であり、安倍政権の外交的自信が本質にあるという分析が出ている。

  海上自衛隊の哨戒機の近接威嚇飛行があったという韓国軍当局の23日の発表に対し、菅義偉官房長官は24日、「(近接)飛行した事実はないという報告を防衛省から受けている」とし「日韓の防衛当局の間でしっかりと意思疎通していくべき」と述べた。岩屋毅防衛相が前日、「哨戒機は高度150メートル以上、距離500メートル以上を確保した」と主張したが、これと似た釈明だ。菅義偉官房長官の説明なら、高度60-70メートルで接近したという韓国軍の説明は嘘になるということだ。

  韓国軍は日本の「挑発」が限度を越えたと判断し、対応策を準備しているという。趙正シク(チョ・ジョンシク)共に民主党政策委員会議長はブ・ソクジョン合同参謀本部軍事支援本部長(海軍中将)らとの非公開会合の後、「海軍が哨戒機の威嚇飛行への対応をもう少し強化することを検討中」と明らかにした。

  前日、ソ・ウク合同参謀本部作戦本部長(陸軍中将)も「日本のこうした行為が繰り返される場合、わが軍の対応行動守則に基づいて強く対応していく」と述べた。段階別の警報通信強度を高めるなどの案が検討されているという。軍関係者は対応行動守則に関し「具体的な措置は作戦事項なので明確には話せない」としながらも「艦艇のすべての探知装備と武器体系を活用して対応することになっている」と述べた。この関係者は「レーダー照射と警告射撃も(対応措置に)含まれるのか」という質問に「そうだ」と答えた。

  政界も激しい反応を見せた。民主党の李海植(イ・ヘシク)報道官はこの日、「両国間の葛藤が続いている状況で容認されない非理性的な行為」とし「日本に強い遺憾を表す」と述べた。続いて「軍事大国化、右傾化に向かう日本政府の非常識な挑発を強く糾弾し、日本政府の公式的な謝罪を要請する」と話した。

  日本の底意に関心が集まっている。朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大国際大学院教授は「蓄積した不満の表出」と診断した。朴教授は「我々の外交は南北関係中心から抜け出せずにいる」とし「日本は我々にとって役に立たないと判断しているのではないか憂慮される」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事