주요 기사 바로가기

120カ国で人気の韓国産海苔、過去最高の販売額を更新

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.13 08:23
0
「海苔の卸値が過去最高額」

7日午前11時、全羅南道新安郡押海邑(チョルラナムド・シナングン・アッペウプ)水協の宋孔(ソンゴン)委託販売場。海苔の採取作業を終えた漁船が委販場付近に集まると、水協の競売会社と海苔加工業者20人余りが委販を始めた。業者らは船に積まれた海苔の状態を直接手で確認した後、希望する価格をメモ用紙に書いて競売会社に渡した。今年、海苔の卸売り価格は史上最高となった。この日、海苔1網(120キロ)を22万5000ウォン(約2万5000円)で売った漁民のキムさん(72)は「一生海苔養殖に従事してきたが、こんなに高いことはなかった」と話した。宋孔漁村係のチェ・ミョンヨン係長は「昨年1網に10万~12万ウォン水準だった海苔の卸売価格が今年は2倍ほど増えた」として「一部の漁民は昨年11月ごろ、漁船の購入で発生した貸出金7億~8億ウォンを4カ月で全て返済した」と話した。

今年、海苔の価格が大幅に上がったのは、海苔の生産量は小幅に減ったが、輸出量は増えたためだ。韓国海洋水産開発院水産業観測センターによると、昨年、全国の海苔輸出量は約1億束(1束当たり100枚)で、前年より17.8%増えた。輸出金額も前年比20.7%増の7億9000万ドルとなった。水産業観測センター関係者は「輸出好調が続き、平年より多い量の海苔が輸出されるものと見込まれる」と話した。

 
最近、米国で冷凍のり巻きのブームが巻き起こり、海苔に「黒い半導体」「K-Gim(海苔)」というニックネームが付けられたりもした。 過去に海苔を「ブラックペーパー(Black paper)」と呼びタブー視したのとは正反対だ。特に、韓国産海苔の人気は絶大だ。韓国産海苔は世界の海苔市場の70.6%(2022年基準)を占めており、2019年から水産食品の中で輸出品目1位の座を守っている。「韓国産海苔は味が良いうえに低カロリー健康食品」という認識が広がったおかげで、米国・日本・中国・東南アジアなど120カ国に輸出されている。2010年64カ国で2倍近く増えた。実際、韓国産海苔は一般海苔、キムブガク(海苔の揚げ物)、のり天など様々なおやつとして加工され販売中だ。仏紙ル・モンドは過去「地球のために海藻類を調理する韓国」という見出しの記事を通じて海藻類の摂取が二酸化炭素の減少につながり環境を守るのに役立つと報じたことがある。

地方自治体ごとに海苔の輸出を支援するために積極的に乗り出している。まず全羅南道は海苔の輸出を増やすために新安と海南(ヘナム)を「海苔産業振興区域」に選定した。また、海苔加工業者への支援などのために今年2社を追加で選定する計画だ。忠清南道(チュンチョンナムド)と舒川郡(ソチョングン)は、4億450万ウォンを投じて西面(ソミョン)月里(ウォルリ)海苔総合ビジネスセンター内に海苔取引所を設置した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    120カ国で人気の韓国産海苔、過去最高の販売額を更新

    2024.02.13 08:23
    뉴스 메뉴 보기
    韓国産海苔
    TOP