주요 기사 바로가기

「トランプ氏、ひとつの中国破棄→中国、台湾封鎖」こんなシナリオが流れる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.11 12:26
0
「私はバイデンと違う。これまで米国の基本方針だった『ひとつの中国』政策と『戦略的曖昧さ』の再検討に着手する」。

2025年1月20日、トランプ氏が大統領就任演説でウクライナ戦争支援中断と対中政策の転換を明らかにしながらこのように話す。日本の時事月刊誌『文藝春秋』2月号に載せられた仮想シナリオの一部だ。メディアは11月5日の米大統領選挙でトランプ前大統領が当選するという仮定に基づき今後進行される米中関係、両岸関係を予想した仮想シナリオを掲載した。

シナリオによると、トランプ氏は「ひとつの中国」政策を破棄すると宣言し、中国は激しく反発する。5日後の25日に中国の国会に当たる全国人民代表大会は常務委員会を緊急招集し「国家統一法」を制定する。台湾は「中華人民共和国の不可分の領土」とし、「ひとつの中国」の原則を法制化する。中国の管轄権を台湾の領海と領空に拡大する。

 
翌月、中国人民解放軍東部戦区と南部電戦区台湾周辺海域で「特別重要軍事訓練」を予告する。福建省海事局は台湾海峡を通過する外国船舶を対象に海上臨検を予告し、大型監視船を投じる。中国商務省もやはり国家統一法を根拠に中国に進出した外国企業に「ひとつの中国」の原則と中国による「祖国統一」を支持するという誓約書の署名を要求する。米インド太平洋司令部が戦闘爆撃機編隊と巡洋艦を台湾海峡に派遣するが、衝突の口実は見つけられない。

3月になると中国軍は予告した通り台湾「封鎖」訓練を始める。空母キラーと呼ばれる「東風21D」「東風26」ミサイル数十発を台湾周辺に発射し機雷を設置する。福建省海事局は予告通り台湾に向かった外国船籍のタンカーを海上で調査した後、「国家統一法」違反を理由に福州に強制寄港させる。台湾政府は緊急記者会見を行い、1カ月を超えるとエネルギーと食糧枯渇が予想されるとし非常事態を宣言する。

◇米、「ひとつの中国」先に否定

以上は11月の米大統領選挙でトランプ氏がバイデン氏を僅差で破る場合を仮定した2025年台湾海峡封鎖シナリオだ。台湾海峡を通過する物流量が42.7%を占める韓国もやはり注目すべき内容だ。

「トランプ氏、ひとつの中国破棄→中国、台湾封鎖」こんなシナリオが流れる(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP