주요 기사 바로가기

「このまま離れていた方がいい」三つ子と生き別れになったパレスチナ人夫婦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.08 11:34
0
イスラエルとハマス間の戦争で生まれるやいなや、両親と3カ月間生き別れになった三つ子の事情が伝えられた。

NBC放送によると、6日(現地時間)、ハナン・ベイユークさん(23)は高危険妊婦に分類され、ガザ地区からイスラエルに入国した後、8月24日に東エルサレムのアル・マカセド病院で3人の娘を産んだ。31週間ぶりに生まれた三つ子は出産直後、人工呼吸器を着用しなければならなかったが、ベイユークさんは出産後3日で入国許可が満了して赤ちゃんを残したままガザ地区に戻った。

その後、赤ちゃんたちは約1カ月ぶりに退院する準備を終えたが、10月7日イスラエルとハマスの戦争が起きた。ベイユークさんは戦争で封鎖されたガザ地区に足止めされ、赤ちゃんを迎えに行くことができなかった。夫のパティ・ベイユークさんは、赤ちゃんが生まれて3カ月が過ぎたが、赤ちゃんを一度も見たことがないという。

 
それでも医療スタッフが送ってくれる赤ちゃんの写真と映像があり、夫婦は子供たちが大きくなる姿を間接的に確認している。NBCは、この夫婦が携帯電話の画面を通じて赤ちゃんの小さな顔が見えると、キスをしながら娘たちの名前を呼んだと伝えた。

ハナンさんは「戦争が私たちを引き離した。赤ちゃんを抱いてあげたい」としながらも「ここの状況がとても悪いので、赤ちゃんがそこにいた方が安全だ」と話した。彼らが住んでいる家には食料がほとんどなくなっており、近くの病院も医薬品と電気の供給ができず、未熟児の世話をするのに適切でない状態だ。

夫のパティさんは「我々は戦争中であり、何が起こるか分からない。赤ちゃんたちをそこに安全に留まらせてほしい」とし「この戦争が早く終わって赤ちゃんたちを連れてきて一緒に暮らしたい」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「このまま離れていた方がいい」三つ子と生き別れになったパレスチナ人夫婦

    2023.12.08 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP