주요 기사 바로가기

「ガザ地区の女性・子ども1万人死亡…ウクライナ戦争2年間の2倍」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.27 09:31
0
イスラエルの空襲でガザ地区で死亡した女性と子どもが1万人に達するという分析が出た。

25日(現地時間)、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、イスラエルの軍事作戦期間中に死亡したガザ地区の民間人死亡者数が21世紀に類を見ない水準だと報じた。

NYTは「過去に批判を浴びた米国のイラク・シリア・アフガニスタン攻撃の最も致命的な瞬間よりも早く死亡者が発生した」と伝えた。

 
国連の推算によると、10月7日にハマスが戦争を始めて以来、死亡した女性と子どもがウクライナとロシア戦争で死亡した女性・子どもの数の2倍を超えている。

英国の独立研究団体「イラク・ボディ・カウント(Iraq Body Count)」の推算によると、2003年の米国のイラク侵攻1年目に米軍と同盟軍が射殺した民間人が老若男女を合わせて7700人だが、ガザ地区では2カ月足らずでそれより多い女性と子どもが死亡した。

今回の戦争で死亡した女性・子どもの数は、今や20年近くアフガニスタンで発生した民間人死亡者約1万2400人に近づいている。

今回の戦争で女性・子どもの死亡者は異例に多い。

ほとんどの戦闘員が男性だが、今回の戦争の全体死亡者のうち69%が女性・子どもだった。

過去に起きたイスラエルとハマス間の武力衝突では、死亡者のうち男性が60%だった。

NYTはガザ地区でとりわけ民間人被害が大きい理由として大型爆弾を挙げた。

匿名の米軍当局者によると、開戦後最初の2週間、イスラエル軍がガザ地区に投下した爆弾の約90%が1000~2000ポンド(約454~907キロ)の衛星誘導爆弾だった。

実際、イスラエル軍は先月31日、ガザ地区最大の難民村であるサヴァリアを空襲する際、少なくとも2つ以上の2000ポンド爆弾を使用したが、英国紛争監視団体「エアウォーズ(Airwars)」は、このため少なくとも126人の民間人が死亡し、このうち半分以上は子どもだったことを確認した。

米空軍爆発物処理班出身でアムネスティ・インターナショナルの武器および軍事作戦上級危機顧問であるブライアン・キャストナー氏は「イスラエル軍は人口が極度に密集した地域で超大型兵器を使用している」として「これは様々な要素の最悪の組み合わせ」と批判した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ガザ地区の女性・子ども1万人死亡…ウクライナ戦争2年間の2倍」

    2023.11.27 09:31
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP