주요 기사 바로가기

実兄の妻が突如登場…サッカー韓国代表選手「不法撮影・脅迫」スキャンダルの顛末(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.24 10:53
0
サッカー韓国代表の黄儀助(ファン・ウィジョ、31、ノリッジ・シティ)がイシューの中心に立ったのは6月25日だ。当時、黄儀助の性関係の映像がSNSに公開され、波紋が広がった。映像を載せたAは「私は黄儀助の元恋人」と主張し、「黄儀助が多数の女性と関係を持った」と主張した。

黄儀助は直ちに強硬対応を見せた。翌日の6月26日に流布した性関係映像は不法撮影をしたものではないとし、当時、正体不明のAを名誉毀損と脅迫の容疑で警察に告訴した。Aは直ちに「6月30日まで告訴を取り下げなければ私生活をすべて公開する」と黄儀助にメールを送って脅迫した。

しかし黄儀助はむしろ6月29日、自筆の文で立場を表明し「最初の流布者を含め、2次被害に加担、関与した人には決して善処せず、厳正な法的処罰を求める」と強硬対応の立場を再確認した。それから5カ月近く、事件は大衆の関心から遠ざかった。

 
◆5カ月後の被疑者に転換された黄儀助…事件は新たな局面に

事件が新たな局面を迎えたのは5カ月が過ぎた今月に入ってからだ。ソウル警察庁サイバー捜査隊が13日、Aを脅迫などの容疑で逮捕して一段落するとみられた事件は、5日後に急反転した。警察は18日、黄儀助が被害女性の同意なく映像を撮影したとみて黄儀助を「被疑者」として呼び、取り調べを行った。黄儀助は容疑を否認した。

黄儀助は公開的にも疑惑を否認し、事件は真実攻防につながっている。黄儀助側は20日、「恋人の関係で合意の下での映像であり、現在、映像を所持していないし、流出させた事実も全くない」と主張した。一方、匿名の被害者側は「黄儀助と交際したことはあるが、敏感な映像の撮影に同意したことはなく、繰り返し削除してほしいと要請してきた」と反論した。

すると黄儀助側は22日、「隠す必要もなくよく見えるところに置いて撮影し、女性もはっきりとこれを認知して関係に応じた」と再反論に出た。続いて「放送活動をする公人で既婚者」と個人情報を一部公開したため、ネット上では「2次加害」という声が強まった。

被害者側は23日、また記者会見を開き、「2次加害をやめるべき」と批判した。撮影の事実を認知して関係に応じたという主張に対しては、「被害者の同意を求めていないことを自ら認める『セルフ有罪認証』をした」と指摘した。

実兄の妻が突如登場…サッカー韓国代表選手「不法撮影・脅迫」スキャンダルの顛末(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    実兄の妻が突如登場…サッカー韓国代表選手「不法撮影・脅迫」スキャンダルの顛末(1)

    2023.11.24 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    黄儀助
    TOP