주요 기사 바로가기

韓国公取委が日本に勝利…韓日公務員サッカー対決2勝1分け

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.07 08:20
0
韓国と日本の外交関係改善を受け、両国公務員の交流も再開されている。韓日関係の悪化と新型コロナで中断していていたサッカー大会が順に開催されているのが象徴的な事件だ。

8月の検察をはじめ、9月には企画財政部がサッカー韓日戦を行い、今月4日には韓国公正取引委員会と日本公正取引委員会が対戦した。韓日戦3試合の成績は韓国の2勝1分けだ。

韓日競争当局間のサッカー大会は4日に慶州(キョンジュ)で開かれた。第1-3クォーターで進行された試合では韓国チームが3ゴールを決め、3-0で勝利した。韓国の「ホーム」試合のため多くの交代メンバーを投入し、後半に入って体力で優位を見せた。この日の勝利で日本公取委との歴代対戦成績は韓国の5勝3敗2分けとなった。

 
両国の公務員がユニホームを着て会ったのは4年ぶりだ。2007年から韓日競争当局のサッカー同好会会員は毎年または隔年で韓国と日本を行き来しながらサッカー親善試合をしてきた。初戦は東京で行われた。こうした伝統は両国の関係が冷え込んで中断した。2019年に韓国裁判所の強制徴用賠償判決に日本が反発して一方的な輸出規制で報復しながらだ。両国競争当局は2年後に日本でまた対戦することを約束した。

韓日関係が改善し、各種親睦行事も正常化している。サッカー大会に参加した韓国公取委の関係者は「国際協力課を中心に両国が協業することが多いだけに、このような機会は業務にも役に立つ」とし「経費はすべて各自が出したサッカー同好会の会費」と話した。

今年の韓日サッカー大会は両国検察間の試合で始まった。8月に韓日検察は5年ぶりにサッカー大会を開き、韓国が2-0で勝利した。2007年以来16年ぶりの勝利だった。韓日検察の対戦は2002年韓日ワールドカップ(W杯)共同開催を記念して親善を図るという意味で1999年から2、3年間隔で周期的に行われてきた。

9月初めには企画財政部が日本財務省と千葉県のサッカー場で対戦した。午前と午後の2回の対戦で午前は0-0で、午後は1-1で引き分けた。歴代対戦成績は17勝12敗7分けと韓国が優勢だ。2018年を最後に中断した韓国産業通商資源部と日本経済産業省のサッカー試合も12月に再開される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国公取委が日本に勝利…韓日公務員サッカー対決2勝1分け

    2023.11.07 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領が7月にリトアニアのビリニュスで開かれた韓日首脳会談で日本の岸田文雄首相と記念撮影する様子。[写真 韓国大統領室]
    TOP