주요 기사 바로가기

俳優イ・ソンギュンさんに3億5000万ウォンを要求…警察、風俗店女性従業員を集中調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.24 15:46
0
俳優イ・ソンギュンさん(48)の麻薬使用疑惑を捜査中の仁川(インチョン)警察庁広域捜査隊が風俗店従業員Aさん(29)を集中的に調査している。21日、麻薬類管理法違反容疑で拘束されたAさんがイさんの容疑を立証するための主要人物に浮上したためだ。

24日、ある警察関係者は「Aさんをこの事件の『キーマン』とみている」と話した。警察によると、先月仁川警察庁は「ソウル江南(カンナム)のある風俗店で麻薬が使用されている」という内容の機密情報を入手した。警察はこの風俗店室長Aさんら8人を立件前調査(内査)する過程でAさんがメタンフェタミン(別名ヒロポン)を使用した事実を確認し、19日Aさんを麻薬類管理法違反(向精)容疑で逮捕した後、拘束令状を申請した。裁判所は21日、Aさんに対して「逃亡の恐れがある」として拘束令状を発行した。

これに先立ち、警察はAさんの携帯電話からAさんがイ・ソンギュンさんと数回通話した記録を確認したという。Aさんがイさんに3億5000万ウォン(約3900万円)を要求した事実も明るみになった。これについてイさん側は20日にAさんに対して仁川地検に恐喝容疑で告訴状を提出した。イさん側の弁護人は中央日報の電話取材に対して「告訴状に麻薬関連の内容は入っていない」としたが、警察はAさんが麻薬類の吸入・使用事実を暴露すると言ってイさんにお金を要求したと疑っている。23日、検察から事件の申し送りを受けた警察は告訴内容に対する調査も併行する方針だ。

 
一方、麻薬使用疑惑にかかわって立件前調査を受けている人の中にはタレント出身の作曲家Bさん(31)も含まれていた事実が一歩遅れて明らかになった。先月中旬、警察は諜報確認過程でBさんに関する手がかりも確保したという。ただしBさんは諜報で名前が言及されているだけで麻薬使用容疑は具体的に分かっていないという。警察はBさんの他に財閥家3世と芸能人志望生も麻薬使用疑惑に関連して立件前調査を行っている。Bさんは2009年バラエティ番組に出演し、2016年と2021年に麻薬使用容疑で相次いで懲役刑を宣告された。

◇大麻など複数の麻薬類使用容疑

一方、仁川庁広域捜査隊は24日、イさんを不拘束立件して麻薬類管理法上大麻及び向精容疑を適用したと25日、明らかにした。警察はイさんがソウル某所で大麻など2種類以上の麻薬類を数回にわたり吸入・使用したとみている。「イさんが自宅や風俗店ではないところで麻薬類を吸入・使用した可能性があるとみて正確な事実関係を確認している」というのが警察の説明だ。警察は同事件に関連してイさんとAさん以外にも風俗店従業員1人を被疑者に切り替えた。

警察関係者は「イさん側と調整して近くイさんを呼んで調査する計画だ」と話した。イさんの弁護人は「(イさんは)捜査機関に出席して誠実に調査を受けるという立場だ。本人の立場はその時に明らかにする計画」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優イ・ソンギュンさんに3億5000万ウォンを要求…警察、風俗店女性従業員を集中調査

    2023.10.24 15:46
    뉴스 메뉴 보기
    2018年tvNドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』に出演した俳優イ・ソンギュンさん。[写真 tvN]
    TOP