주요 기사 바로가기

「円安のため…」日本のGDP、世界4位に下落の見通し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.24 08:18
0
2023年の日本の名目国内総生産(GDP)がドイツに逆転して世界4位に落ちるという見通しが出てきた。

共同通信が国際通貨基金(IMF)の発表を引用して23日に報道した内容によると、今年の日本の名目GDPは昨年より0.2%減少した4兆2308億ドルと予想される。

これに対しドイツの名目GDPは昨年より8.4%増加した4兆4298億ドルで日本を上回るものとみられる。

 
日本は4-6月期の実質GDPが前四半期より1.2%増加するなど経済が比較的好調を見せているが、記録的な円安によりドル換算の名目GDPが減少すると分析された。

昨年東京外国為替市場で平均為替相場は1ドル=131円程度だったが、現在は1ドル=150円に迫っている。

これに先立ち第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは今年の平均為替相場が1ドル=137.06円より高ければ日本とドイツのGDP順位が入れ変わるだろうと予想した。

日本は高度成長期だった1968年に当時の主要経済指標だった国民総生産(GNP)を基準として西ドイツを抜き世界2位の経済大国となった。

だが2010年に中国に追い越され3位となり、今年は4位になる可能性が大きくなった。

日本は人口が3分の2のドイツよりGDPが小さくなるなど1人当たり労働生産性低下が課題になった。IMFの予測によると世界1位の人口大国になったインドが2026年には経済規模4位になり、日本は5位になるだろうと予想した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP