주요 기사 바로가기

「最初の出会いのときに警護員同伴」…韓国フェンシング元女子代表ナム・ヒョンヒ、15歳年下の財閥3世と再婚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.23 15:56
0
今年8月に離婚した事実と同時に新しい恋人がいることを発表していた元フェンシング韓国代表のナム・ヒョンヒが15歳年下の「財閥3世」と再婚を準備していると明らかにした。

23日、ナム・ヒョンヒは雑誌「女性朝鮮」とのインタビューを通じて再婚相手の事業家チョン・チョンジョ氏を公開した。

この中でナム・ヒョンヒはチョン氏が今年初めに先に連絡をしてきたとし「(チョン氏が)ビジネス業務によって急きょフェンシングを習わないといけないが、対決相手は趣味でフェンシングを長くやってきた人だと話した」とその出会いについて紹介した。

 
続いて「そのようにして初日のトレーニングのためにフェンシング場でチョン氏を待っていたところ、聞いていた歳の割に非常に若い人が警護員を同伴して入ってきて驚いた」と述べた。

2人が急接近した契機についてナム・ヒョンヒは「2回目のレッスンの時に本人がフェンシング関連の事業をしようと思っているが一緒にやりたい気持ちはあるかとのオファーをしてきた」とし「話を聞いてみると事業案が非常に魅力的で、『これを断ったらバカだ』と思うほどだった」と説明した。

チョン氏はナム・ヒョンヒに初めて事業を提案した理由について「私は一般の人々とは違った環境で過ごしている」とし「私の日常を共にする警護員と運転手がいる」と先に話した。

そして「私が若いということも十分承知の上で、私を見て手を前で組んで謙虚に『こんにちは』と挨拶をした」とし「本当に素晴らしいプロ精神も見て、この人とは何をやってもうまくいくだろうと思った」と話した。

続いてチョン氏は「離婚後、ナム・ヒョンヒの姿を見て気持ちに変化が訪れたと思う」とし「私が先にナム・ヒョンヒに告白した」と明らかにした。

メディアはチョン氏を「財閥家3世」と紹介し、過去に「グローバル情報技術(IT)企業」の役員として経営を助け、現在は韓国で児童を対象に「倫理体育心理学礼節教育院」を運営していると付け加えた。

また「現在、避けられない事情で明らかにすることはできない個人的なことや経営計画などはナム・ヒョンヒとの結婚式直前に直接明らかにする予定」とも伝えた。

ナム・ヒョンヒとその娘、チョン氏はチョン氏が一人で暮らしていた高価住宅シグニエルに居住していると話した。

この日のインタビューでナム・ヒョンヒは非難を受けるかもしれないという恐れのため、再婚を公開するまで長い時間悩んだと話した。

ナム・ヒョンヒは「私に変化が起きるたびにこれからのことを話さなくてはいけない環境に不便さを感じていた」としながら「私には11歳の娘がいて、チョン氏との年齢差が15歳で、経済的にも多くの違いがある」と話した。

続いて「そういった点から見た時、人々はナム・ヒョンヒが先に相手を誘って何をどうしたのだろうと推測するかもしれない」とし「私が『離婚した。新しい恋人がいる』と明らかにしたところ、『ナム・ヒョンヒが間違っているのに、前夫の間違いにするのではないか』と間違って推測する人々もいたため」と説明した。

子どもの問題について、ナム・ヒョンヒは「現在子どもが受け入れる過程にいるようだ」とし「丁寧にやっていく部分と考えてチョン氏と多くの努力を傾けている部分」と強調した。

チョン氏は2世計画について「愛する人との間に子どもができるならとても感謝すべきことだが、子どもができないとしても問題ない」と話した。

ナム・ヒョンヒは元自転車国家代表出身のコン・ヒョソクと2011年に結婚して娘1人がいたが、最近離婚を発表していた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「最初の出会いのときに警護員同伴」…韓国フェンシング元女子代表ナム・ヒョンヒ、15歳年下の財閥3世と再婚

    2023.10.23 15:56
    뉴스 메뉴 보기
    元フェンシング韓国代表のナム・ヒョンヒが2018年に訓練している様子。中央フォト
    TOP