주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>韓国に0.01秒差で金メダル、台湾メディア「キムチ効果…競技前に食べていた」

ⓒ 中央日報日本語版2023.10.04 10:47
0
ローラースケート韓国代表チームに勝つために台湾代表チームが競技前にキムチを食べていたことが分かった。

2日に行われた2022杭州アジア競技大会男子ローラースケート3000メートルリレー決勝で、韓国代表チームは台湾代表チームに大逆転負けを喫した。

この日の競技でトップを走っていた韓国の最終走者チョン・チョルウォンはゴールの直前、金メダルを確信して両手を挙げた。その瞬間、後ろから追っていた台湾の選手が左足を大きく伸ばし、決勝ラインに先に到達した。この日、韓国の最終記録は4分5秒702で、1位の台湾(4分5秒692)より0.01秒遅かった。

 
競技の後、韓国チームは優勝したと思い込んで太極旗(韓国の国旗)を持ってパフォーマンスをしていたが、その後、公式記録が出ると涙ぐみながら競技場を後にした。

韓国を相手に0.01秒差で金メダルを獲得した台湾のメディアは「奇跡」として特筆大書した。台湾メディアはこうした奇跡の裏には韓国チームに勝つために食べた「キムチ効果」があったと伝えた。この日、台湾の選手らは「韓国に勝とう」と言って朝食にキムチとカクテキを持ってきた食べたという。

台湾チームの最終走者ファンウィリンは「特に何も考えず、決勝ラインで最後の(足を伸ばす)動作をするつもりだった。(決勝ライン通過後)自分の足が相手の選手より前だったかは分からなかった」とし「選手やコーチに金メダルを取れず申し訳ないと謝ったが、しばらくして0.01秒差で勝ったという結果を見ることになった。天からの贈り物だった。まさに『奇跡』だった」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>韓国に0.01秒差で金メダル、台湾メディア「キムチ効果…競技前に食べていた」

    2023.10.04 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    ローラースケート韓国代表。[写真 大韓ローラースポーツ連盟SNS]
    TOP