주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>中国野球、日本に驚きの勝利…韓国も「場合の数」複雑に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.04 07:46
0
中国野球が日本を破る波乱を起こし、組1位でスーパーラウンドに進出した。韓国のスーパーラウンド初戦の相手も中国でなく日本に決まった。

中国は3日、浙江省紹興市で行われた2022杭州アジア競技大会野球グループリーグA組の試合で日本に1-0で勝利した。日本代表は社会人代表だが、中国野球が日本を破ったのは今大会の最大の異変に近い。中国はグループリーグ3戦全勝で、日本(2勝1敗)を抑えて組1位になった。

野球のインフラが整った日本は社会人野球の選手も「準プロ級」の実力を誇る。150キロ近い速球を投げる投手が数人いて、野手の守備の基本技もプロに劣らないほどだ。プロ選手で代表チームを構成する韓国も決して警戒を緩められない相手だ。実際、日本は2018ジャカルタ大会では中国に17-2で5回コールド勝ちした。スーパーラウンドでは台湾にも5-0で勝利し、銀メダルを獲得した。

 
5年後に開かれた杭州大会では雰囲気が違った。中国は2回、内野安打と2四球で一死満塁のチャンスを作り、左前適時打で1点を挙げた。その後、救援投手が日本打線を無失点に抑え、1点のリードを守った。9回裏の最後の守備で無死一、二塁の危機を迎えたが、抑え投手が後続打線を三振と併殺打に仕留め、劇的な勝利を完成させた。中国先発の王翔は5イニングを1安打無四死球の無失点に抑え、勝利に大きく貢献した。

中国が勝利をつかんだことで、韓国のスーパーラウンド戦略も修正が避けられなくなった。台湾(3勝)に次ぐB組2位(2勝1敗)でスーパーラウンドに進出した韓国は当初、A組1位が日本、2位が中国と予想していた。A組2位と先に対戦するスーパーラウンドの初戦の相手も中国になると見込んでいた。先発ローテーションもこの構想に合わせて組んだ。しかし日本がA組2位になったことで、投手運用計画を見直す状況になった。中国野球のレベルを確認した点も新たな負担だ。

スーパーラウンドはグループリーグの対戦成績を合わせて順位を決める。韓国が台湾戦1敗、台湾が韓国戦1勝、日本が中国戦1敗、中国が日本戦1敗をそれぞれ抱えて決勝進出をかけたラウンドを始める。韓国は5日に日本と、6日に中国とそれぞれ対戦する。

最もシンプルな決勝行きシナリオは韓国が日本と中国に勝利し、台湾が5日の中国戦で勝利することだ。この場合、6日の台湾-日本戦の結果に関係なく韓国と台湾の決勝進出が確定する。半面、台湾が日本のように中国に敗れる場合、複雑な場合の数を問いただすことになる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>中国野球、日本に驚きの勝利…韓国も「場合の数」複雑に

    2023.10.04 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    韓国野球代表チーム [KBO]
    TOP