주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>韓国男子バレーボール、初戦「杭州ショック」…世界73位のインドに敗北

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.21 09:19
0
金メダルを狙っている韓国男子バレーボールが2022杭州アジア競技大会の初戦でインドに衝撃的な敗北を喫した。世界ランキング27位の韓国は20日、中国杭州臨平スポーツセンターで開かれた第19回杭州アジア競技大会男子C組予選の初戦でインドにセットスコア2-3(27-25、27-29、22-25、25-20、15-17)で負けた。プロ選手が出場した国際大会で韓国がインドに敗れたのは、2012年ベトナムで行われた第3回アジアカップ・バレーボール選手権の準決勝(2-3敗)以来初めてだ。

韓国男子バレーボールは2006年ドーハ大会以降17年ぶりのアジア競技大会金メダルを目標に掲げたが、杭州アジア競技大会が公式に開幕(23日)する前に痛恨の1敗を記録した。

アジア競技大会男子バレーボールは19チームが6組に分かれてグループリーグを戦った後、各組1位と2位が決勝トーナメントに進出する。韓国はインド、カンボジアとともにC組に属している。インドはすでに19日にカンボジアまで破って2勝でC組1位を確定した。

 
韓国も21日カンボジア戦で勝てば組2位で決勝トーナメントに進出することができる。ただしすでに自尊心が大きく傷ついた状態だ。戦力上、3-0の楽勝とみられていたインドと、2012年AVC準決勝以来11年ぶりにフルセットの接戦に持ち込まれて苦杯を喫した。

韓国は第1セット序盤にしばらく流れを主導しただけでインドの速攻とブロック攻勢にリズムを完全に狂わされた。ジュースにもつれ込んだ末になんとか第1セットを獲得して難しい勝負を予告した。

第2セットもジュースに持ち込まれ、27-28でイム・ドンヒョクのオープン攻撃が身長2メートル2センチのインドのミドルブロッカー、アスワル・ライに止められて勝負はセットスコア1-1で原点に戻った。弱り目にたたり目で第3セットは序盤からインドのペースに巻き込まれ、22-24でチョン・グァンインのサーブがネットに引っかかりそのままセットを落とした。

韓国は第4セットを奪って再び追いついた後、最終第5セットで勝利を握ろうと全力でインドに向かった。敗色が濃厚になった12-14でチョン・グァンインのオープン攻撃とナ・ギョンボクのダイレクト・アタックで起死回生を果たした後、再びナ・ギョンボクのオープン攻撃で逆転に成功する底力を見せた。

しかし勝利まであと1点必要だった15-14でマンジュナータ・ラクシミプラムの速攻に遭って再び同点を許し、ナ・ギョンボクとホ・スボンのアタックが立て続けにインドのブロックに阻まれ、15-17とあと一歩のところで最終セットを落とした。この日、韓国はブロック得点でインドに6-12でおされた。

初戦で大きな衝撃を受けた韓国代表チームは沈鬱な表情でコートを後にした。代表チームを率いるイム・ドホン監督は「思った結果を得られず残念だ。今回の対戦で足りなかった部分を補完して次の試合で勝てるように最善を尽くす」とした。

年長のある選手は「まだ予選も、今大会も終わっていない。どうせ一度負けるのなら、敗れたらすぐに脱落するトーナメントの前に負けたほうが良かったのではないか。後輩にも『もっと良くなる』と言って励ました」と話した。

ある選手はまた「カンボジア戦に勝てばさらに高いところに挑戦する機会をつかむことができる。トーナメント戦からは毎試合を決勝のように戦わなければならない。残りすべての試合で勝ちたい」と覚悟を固めた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>韓国男子バレーボール、初戦「杭州ショック」…世界73位のインドに敗北

    2023.09.21 09:19
    뉴스 메뉴 보기
    杭州アジア競技大会のマスコット
    TOP