주요 기사 바로가기

BLACKPINKジェニー出演のドラマ『The Idol』、酷評の中で打ち切りに

ⓒ 中央日報日本語版2023.06.27 10:06
0
​​BLACKPINKのジェニーが出演した米国ドラマドラマ『The Idol/ジ・アイドル』が論議を呼んだ中で結局早期に打ち切りになる。

​27日(韓国時間)、米芸能メディアなどによると、HBOドラマ『The Idol』​​は当初全6話で放映される予定だったが、7月2日の第5話を最後に打ち切りになる。

 
ジェニーが出演する『The Idol』は米国ロサンゼルスの音楽産業を背景に、人気女性ポップ歌手が所属した音楽産業世界と愛の物語を描いたドラマだ。俳優ジョニー・デップの娘であるリリー=ローズ・デップとポップスターのザ・ウィークエンドが主演を務め、BLACKPINKのジェニーの初演技挑戦作であるため、公開前から大きな関心を集めた。ジェニーはドラマの中でリリー=ローズ・デップのバックアップダンサーであるダイアン役を演じた。

​4日に初公開された『The Idol』は放送中にずっと扇情性をめぐる論議を呼んだ。特に、ジェニーはタンクトップに短いパンツを履いて男性ダンサーと密着して激しいダンスを踊ったが、これについて刺激的で度を越したという評価が主だった。また、ジェニーが相次いで喫煙する場面が登場して喫煙の危険性を見過ごしたという批判も浴びた。 

​これを受け、『The Idol』の製作者兼俳優であるザ・ウィークエンドは、あるマガジンとのインタビューで「一部の場面を見るのが心地悪く、不快感を覚えさせたかもしれない。しかし、その人物はそのようなキャラクターであるため、そのように描かれたのだ。なぜ見栄え良く描く必要があるのか」と所信を明らかにした。 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BLACKPINKジェニー出演のドラマ『The Idol』、酷評の中で打ち切りに

    2023.06.27 10:06
    뉴스 메뉴 보기
    ​BLACKPINKのジェニー[写真 ジェニーのSNS]
    TOP