주요 기사 바로가기

韓国正義党、福島を抗議訪問…「日本の議員、団体と連帯して核汚染水の無断投棄を阻止」

ⓒ 中央日報日本語版2023.06.22 10:11
0
韓国野党・正義党が22日、日本の原発汚染水放出計画に抗議するために福島を訪問する中、「日本の議員、市民社会団体と共に連帯し、核汚染水が無断に海に投棄されないようにする」と明らかにした。

裵晋教(ペ・ジンギョ)院内代表と李恩周(イ・ウンジュ)院内首席副代表、党「福島汚染水阻止タスクフォース(TF)団長の姜恩美(カン・ウンミ)議員は東京電力と福島原発を訪問するため、この日午前、日本に向けて出国する。

裵院内代表は出国前、金浦(キンポ)国際空港で取材陣に対し「日本国内でも福島汚染水放出に反対する世論が強く、反対する議員と市民団体も多い状況で、韓日間の連帯を通じて放出に反対、阻止するために日本訪問を計画することになった」と説明した。

 
李院内首席副代表は「正義党は日本視察を通じて、東京電力と原発の敷地まで日本の社会民主党の協力で共に現場に入って視察できることになった」とし「安全に関する部分には政府の努力があるべきだが、私たちの政府はその努力をしないのが遺憾だ」と話した。

姜恩美団長は「日本の議員と市民社会団体、そして多くの漁業関係者が反対しているが、その日本の議員、市民社会団体と連帯しながら、必ず日本の核汚染水が無断で海に投棄されないようにするという意志を共にする考え」と伝えた。

訪日初日に社会民主党側と接触した後、「原発ゼロ・再エネ100の会」と会い、汚染水放出を防ぐための国際ネットワーク結成について議論する。また日本の社民党と共に東京電力を訪問して抗議記者会見を行う予定だ。

23日には放射能研究専門家と懇談会を開いた後、福島第1原発を訪問し、原発内の核廃棄物保管場所を確認する。その後、原発近隣で原発反対運動集会に参加し、24日に帰国する。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国正義党、福島を抗議訪問…「日本の議員、団体と連帯して核汚染水の無断投棄を阻止」

    2023.06.22 10:11
    뉴스 메뉴 보기
    裵晋教(ペ・ジンギョ)正義党院内代表
    TOP