주요 기사 바로가기

<WBC>集中力の差が勝負を分けた 惜しまれる韓国の走塁プレー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.10 10:45
0
韓国がワールドベースボールクラシック(WBC)の初戦でつまずいた。オーストラリアの打者が韓国の先発投手・高永表(コ・ヨンピョ)に対してよく準備をしてきたという印象を受けた。元兌仁(ウォン・テイン)以外の投手は自分の役割を果たせなかったのではと思う。

4-2とリードした7回表、蘇ヒョン準(ソ・ヒョンジュン)が投入されたが、逆転を許して主導権を奪われたのが残念だ。蘇ヒョン準は所属チームのKTで先発投手を担当し、試合序盤のペースは良い方でない。今回もいきなり死球と安打で走者2人を出した。

一死二、三塁で登板した金元中(キム・ウォンジュン)は最初の打者を三振に仕留め、次の打者まで抑えた後、危機を乗り越えたいという気持ちから攻撃的なピッチングをして失投したようだ。誘い球を投げてもよい状況だったが、フォークボールを3球続けてボールが真ん中に入った。

 
ベテラン投手の梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン)は4-5とリードされた8回表に3ランを浴びた。すでに逆転で1点リードしたオーストラリアに流れが傾いていたようだ。いくら梁ヒョン種でもオーストラリア側に主導権が渡った状況で持ちこたえるのは容易でない。7回表に蘇ヒョン準より梁ヒョン種が先に登板していれば良い結果が出たのではないかと思う。しかしこれもすべて結果論にすぎない。李強チョル監督も抑え投手の高佑錫(コ・ウソク)が筋肉痛で出場できない状況で、投手交代に悩みが多かったはずだ。

短期戦では小さなプレーの一つにも冷静でなければいけない。しばらく不振だった姜白虎(カン・ベクホ)は7回裏、重要な場面で二塁打が出てうれしかったのだろう。しかしオーストラリアは油断の隙を突いた。私たちが向き合っている相手チームは常に試合に集中していることを知らなければいけない。二塁打の直後の走塁死は痛恨だった。しかし一つの経験だと思って次の試合で頑張ればいい。

捕手の梁義智(ヤン・ウィジ)の活躍は評価したい。打者として本塁打も放ったが、捕手としても豊富な経験が見えた。1回からオーストラリアの打者が高永表のチェンジアップを狙っていたため、梁義智がスライダーを注文して危機を乗り越えた。元兌仁が登板した時も相手打者のスイング軌道を把握し、変化球のコースを変えてサインを出す場面もあった。改めて梁義智が老練な捕手という点を確認した。オーストラリア戦をきっかけにチームのベテランらしく選手をうまくまとめて残りの試合を引っ張ってほしい。

韓国は10日の日本戦を控えている。初戦を見ると、選手たちは「やらなければいけない」という負担感を強く抱えていることを感じた。特に日本戦は大きな関心が集まる試合であり、プレッシャーはさらに大きくなるだろう。しかし日本代表は誰もが認める強豪チームだ。客観的な戦力上、韓国より一枚上という点を認めなければいけない。とにかくグラウンドでは悔いが残らないよう最善を尽くしてプレーすることを期待する。

キム・テヒョン/元斗山ベアーズ監督/WBC解説委員

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>集中力の差が勝負を分けた 惜しまれる韓国の走塁プレー

    2023.03.10 10:45
    뉴스 메뉴 보기
    姜白虎
    TOP