주요 기사 바로가기

韓国戦での「鳩ダンス」で批判受けたチチ氏…「韓国代表チーム監督オファー拒絶」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.22 12:24
0
2022年のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦で韓国を1-4で破ったブラジルのチチ前監督。彼が韓国次期指令塔のオファーを断ったという現地報道が出てきた。

ブラジルのTNTスポーツは21日、「チチ監督が2026年の北中米W杯を準備する韓国代表チーム監督の提案を受けたが断った」と伝えた。ラジオ局記者の発言を引用し報道したもの。

チチ前監督はW杯カタール大会での韓国との対戦で3点目のゴールが決まった後に選手らとともに頭を前後に振る「鳩ダンスセレモニー」を行い議論になった監督だ。当時英ITVの解説委員でマンチェスター・ユナイテッド出身のロイ・キーンから「ダンスコンテストなのか。さらに監督まで一緒にやった姿は見苦しい」という批判を受けた。

チチ監督は当時「うれしくてそうしただけで、私が尊重するベント韓国監督に失礼なことをする意図はなかった」と釈明した。韓国の守備選手キム・ヨングォンは「対戦相手として気分は良くはなかったが、セレモニーもサッカーの一部でありブラジル選手たちの文化ならば受け入れなければならないと考える」と話した。

2016年からブラジル代表監督を務めたチチ監督は先月のカタール大会準々決勝でクロアチアにPK戦の末に敗れた直後に辞任した。先月にはリオデジャネイロで散歩中に強盗に遭い持ち物を強奪された上にW杯の不振に叱責を受けたりもした。チチ監督は現在フリーの身だ。

カタール大会を最後にベント監督と4年間の同行を終えた大韓サッカー協会は、マイケル・ミュラー国家代表戦力強化委員長を中心に新たな指令塔を探している。これに先立ち18日にスペインのラジオ局カデナ・セールが「大韓サッカー協会がホセ・ボルダラス前バレンシア監督と接触した」と報道している。ボルダラス監督が韓国行きを断りスペインのセビージャからの提案を待っているというスペインメディアの後続報道も出ている。

ただ大韓サッカー協会がチチ前監督、ボルダラス前監督と実際に接触し、どれだけ積極的だったかは未知数だ。「大韓サッカー協会に次期指令塔監督志願履歴書が100枚到着した」という話まで出ている。

これに先立ち大韓サッカー協会は「代表チーム監督選任交渉の特殊性を考慮し今後すべての過程は非公開で進め、特別に必要と判断される場合以外には監督最終選任発表まで関連会見はしない予定」と明らかにした。ミュラー委員長が次期指令塔の5つのガイドラインとして提示したのは、1番目が専門性、2番目が監督経験、3番目が監督の動機付与、4番目がチームワーク能力、5番目が韓国に居住しているかだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP