주요 기사 바로가기

徐薫元大統領府安保室長、北朝鮮が韓国公務員救助しないこと知りながらも帰宅

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.10 14:56
0
西海(ソヘ、黄海)公務員殺害事件当時、韓国の徐薫(ソ・フン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)安保室長が故イ・テジュンさんが北朝鮮側に救助されたかどうかなど進行状況に対する確認もせずに当時帰宅していたことが分かった。

ソウル中央地検公共捜査1部(部長イ・ヒドン)は先月9日、徐氏を拘束起訴してこのような犯罪容疑を控訴状で指摘した。控訴状によると、徐氏は2020年9月22日午後7時、故イ・テジュンさんが南側の人であることを認知した北朝鮮関係者が実際にイさんを救助したかどうかなど事件進行状況に対する追加で確認することなくそのまま帰宅した。

徐氏は海洋警察と海洋水産部に「行方不明になったイさんが北朝鮮海域で見つかった」と報告させながらも「『保安事項』と指示してこのような事実が救助担当者には伝わらないようにした」と検察は明らかにした。

検察はまた「外交部と統一部には北朝鮮海域で我が国民が見つかった事実を伝わらないようにした」とし「すでに危機状況を知っている国防部・国家情報院にも何の指示も出さなかった」と説明した。

法務部はこのような内容が入った徐氏と金洪熙(キム・ホンヒ)前海洋警察庁長官に対する117ページ分の控訴状を9日、国会に提出した。

◇「徐氏、文大統領の終戦宣言批判予想されると『越北者』操作」

検察は徐氏が南北関係のためにこのような行動に取ったものと分析した。控訴状を見ると「徐前室長は故イ・テジュンさん射殺および死体焼却事実が公開される場合に予想される北朝鮮に対する反感の拡散、政府の北朝鮮政策および故イ・テジュンさん生存確認後の未処置・無対応に対する批判を遮断するために上記の事実を隠した」と書いている。

特に文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は事件発生直後である2020年9月23日午前1時ごろ、国連総会画像録画演説を通じて終戦宣言を提案したが、これを控えて北朝鮮軍による故イ・テジュンさんが射殺および死体焼却事実が公開される場合、終戦宣言提案に対する批判が予想される状況だった。そのため徐氏が故イ・テジュンさんを越北者として操作した資料を在外公館に配布することに決めたものと検察は控訴状に書いた。

検察は控訴状で「徐前室長は北朝鮮に通知文を送って北朝鮮の反応を探る一方で、故イ・テジュンさんを越北者として操作するなど射殺事件が越北過程で発生した偶発事故であることを強調した」と指摘した。

控訴状によると、徐前室長は2020年9月23日午前9時ごろ秘書官会議で「秘書官は保安維持を徹底せよ」と指示した。すると一部の秘書官は事務室に戻って「正気の沙汰じゃない、これは隠すことか」「国民が知ったら後処理はどうするのか」「室長であれ何であれ、誰も彼も狂っている」と話したと検察は明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP