주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>2002年の敗戦後に韓国を祝ったポルトガル選手、ベント監督だった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 10:47
0
12年ぶりのワールドカップ(W杯)16強に導いたパウロ・ベント監督(ポルトガル)への関心が高まっている中、現役時代だった2002年韓日W杯当時のインタビューが改めて注目を集めている。

2002年6月14日、仁川(インチョン)文鶴(ムンハク)競技場で行われた試合で、韓国はポルトガルと対戦して1-0で勝利した。この勝利で韓国は組1位で16強入りした。

ベント監督は当時、ポルトガル代表の選手だった。守備型MFで先発出場して90分間プレーしたベントは試合結果に失望していたが、競技場に一人残ってインタビューに応じた。

当時のインタビューでリポーターは「ベント選手を励ましたい。一人残ってインタビューに応じてくれた」とし「(ポルトガル代表チームの)夢が断たれた」と話した。これに対しベントは「終わった。始まりも良くなかったし、終わりも良くなかった」とし「特別な状況が発生し、試合の終盤に運がなかったが、9人でもチャンスはあった。しかしゲームは崩れて、チャンスは韓国に訪れた」と話した。当時、ポルトガルの選手がレッドカードを受けて9人で試合をした。

ベントは「私たちができることは韓国と米国を祝うこと」とし「全般的に自分たちより強いチームだった。これからはユーロ2004を準備する。それが私たちにできる最善のことだ」という言葉でインタビューを終えた。リポーターは「ベント、ありがとう。苦痛を感じている中で容易でなかったはず」と伝えた。

ベント監督のインタビュー映像が伝えられると、ネットユーザーは「16強を逃した後にあのようなインタビューができる性格がすごい」「これまで知らなかった。申し訳ない」などの反応を見せた。

一方、約4年間にわたり韓国代表を率いたベント監督は今回のカタールW杯を最後に韓国代表チームから離れる。

ベント監督は「すでに選手と大韓サッカー協会の会長に私の考えを伝えた」とし「しばらく休んでから今後のことを決める予定だ。韓国代表チームを率いたことを誇りに思う」と話した。また「韓国という国は私の経歴にいつも関連があった。もう私自身の人生、記憶に韓国は常に残ることになった」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>2002年の敗戦後に韓国を祝ったポルトガル選手、ベント監督だった

    2022.12.08 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    カタールW杯で16強入りしたサッカー韓国代表が7日、帰国した。仁川空港でベント監督がファンの歓呼に応えている。
    TOP