주요 기사 바로가기

【中央時評】火星17号、キム・ジュエ、そして中国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.07 11:12
0
11月18日、北朝鮮は「火星17号」と呼ばれる大陸間弾道ミサイルを試験発射した。この現場に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はキム・ジュエと推定される娘を同行させ、注目を受けた。2018年、金正恩は当時のマイク・ポンペオ米CIA(中央情報局)長官に「私の子どもたちが一生核兵器を抱えて暮らすことを願わない」と述べた。通常の親のように金正恩も子どもが戦争の苦痛を受けず平和に暮らすことを望むはずだ。その金正恩が4年後には9歳ほどの幼い娘を核弾頭搭載が可能な大陸間弾道ミサイル発射場に連れてきたのだ。自身の過去の言葉を覆し、親の性情までも拒否した金正恩の切迫した意図は何だろうか。金正恩は誰にどんなメッセージを伝えようとしているのか。

独裁権力を支える力も住民の支持だ。「政治権力は銃口から生まれる」という毛沢東の主張は短期的には正しいかもしれない。しかし長期にわたり多くの人々を銃だけで治めることはできない。結局、独裁者も住民の心をつかまなければいけない。特に経済難で住民の支持が下落する時はなおさらだ。現在の北朝鮮住民の所得は2016年に比べて40%近く減少したとみられる。主な所得源だった市場活動と外貨稼ぎ、密輸などが制裁とコロナで大きな衝撃を受けたからだ。2016年には4人家族の月中位所得が40ドルだったが、現在は30ドル未満に減った。さらにコメやトウモロコシの価格は2016年初めと比較してそれぞれ20%、50%も上昇した。このように生計の維持が厳しければ、核・ミサイル開発に不満を抱く住民が増える。核開発のために制裁を受けて経済難になったという認識と共に、核の代わりに経済に資金を投入すべきだという考えが住民の間に広がるだろう。金正恩はこの不満を抑えなければならなかった。

未来の世代を象徴する娘をミサイル発射場の主演として出演させた最大の目的は、住民を説得することにある。核・ミサイル開発は未来の世代を守るためのものであり、親は子どものために今の経済的苦痛に耐えなければいけないとういメッセージを伝えたいのだ。これは、子どもを外国の侵入から安全に保護する核がどれほど重要な武器であるかを感性的に受け入れさせようとする高度な政治演劇だ。また火星17号発射を娘に見せる自分ほど住民も大きな自負心を抱くべきと促すものだ。そして自身も子どもがいる普通の父親であることを刻印させることで、核開発が自身のためでなく子どもがいるすべての北朝鮮住民のための決定であることを示唆しようとしている。

キム・ジュエを登場させたもう一つの意図は核放棄の不可を対外的に示すことだ。これは9月の北朝鮮の核武力法制化と軌を一にする。法制化が核を交渉対象から除外するという公式表明なら、キム・ジュエの出現は家族のために核を必ず守るという金正恩の私的な宣言だ。これを受け、金正恩は自身の核保有意志がどれほど強いかを国際社会に知らせようとする。幼い娘まで連れてきて核保有の意志を明らかにしただけに、北朝鮮を核保有国と認めない米国とは対話しないということだ。そして内心は、非核化に対する合意なく核軍縮だけを論じる交渉を米国が提案することを願っているようだ。

【中央時評】火星17号、キム・ジュエ、そして中国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP