주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>涙を流す孫興ミンに近づいて自撮り…怒り呼んだガーナスタッフのマナー欠如

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.29 09:59
0
ワールドスターと写真を撮る機会を逃したくなかったのか。ガーナ代表チームの関係者が試合に敗れて涙を流す孫興ミン(ソン・フンミン、30、トッテナム)の隣に立って自撮りをし、ひんしゅくを買った。

米ESPNのサッカー専門プログラムESPN FCは29日未明(日本時間)、公式ツイッターにこの場面をキャプチャーした写真を載せ、「ガーナ代表のチームスタッフが試合後、『本当に』孫興ミンとセルフィー(selfie)を撮った」と伝えた。コメントの後ろには困った表情で汗を出す顔文字も付けた。全世界に送出されたワールドカップ(W杯)中継画面にそのまま露出し、韓国のファンの怒りも呼んだ場面だ。

韓国は28日、2022カタールワールドカップ(W杯)H組第2戦でガーナに2-3で惜敗した。前半は0-2とリードを許し、後半13分と16分の趙圭誠(チョ・ギュソン)の相次ぐゴールで同点に追いついたが、後半23分にモハメド・クドゥスに決勝ゴールを決められた。

 
孫興ミンは勝利を切実に望んでいた。孫興ミンはESPNが選定した「カタールW杯最高の選手50人」のうち13位で、アジア選手では唯一名を連ねたスーパースターだ。今月初めに眼窩底骨折の手術を受けたが、3回目のW杯で16強進出の夢をかなえるために特殊マスクまで着用して出場を強行した。しかしガーナ戦で敗れると涙まで流し、悔しさを隠せなかった。韓国の選手とあいさつをしたガーナ代表のスタッフも孫興ミンを慰めた。

ただ、1人が問題だった。黒い帽子をかぶったガーナ代表スタッフ1人がうなだれる孫興ミンのそばに近づいた。そして他のスタッフと話している孫興ミンの肩に手をのせた。慰めるためではなく「孫興ミンが入った」写真を撮るためだった。これに気づかなかった孫興ミンはそのスタッフの携帯電話に目を向けなかったが、一人でポーズを取りながら撮影した。孫興ミンの感情と状況を全く考慮せず、マナーを欠いた。状況を気づいた同じチーム同僚スタッフまでが阻止して非難の眼差しを向けるほどだった。

こうしたガーナ代表チームスタッフの軽挙妄動を世界のサッカーファンも指摘した。ナイジェリア国籍のあるファンは「(韓国でなく)ナイジェリアでもこのような行動は非難を受ける」とコメントした。別のファンは「自国を象徴する色の服を着て公式にグラウンドを出入りする許可を受けた人として良い行動でなかった」と指摘した。一部のガーナファンは「私たちが知らない人だ。彼は代表チームスタッフというより警護要員と思われる」と一線を画した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>涙を流す孫興ミンに近づいて自撮り…怒り呼んだガーナスタッフのマナー欠如

    2022.11.29 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    孫興ミン。[大韓サッカー協会SNS]
    TOP