주요 기사 바로가기

映画『血と骨』在日コリアン監督の崔洋一さん死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 09:44
0
在日コリアン2世の崔洋一(チェ・ヤンイル)監督が27日、東京の自宅で膀胱がんで死去した。73歳。

1949年、長野県で在日コリアンの父親と日本人の母親の間に生まれた崔さんは、1983年演出デビュー作『十階のモスキート』がベネチア国際映画祭に招待され、国際的に注目された。

その後、映画『月はどっちに出ている』(1993)や『血と骨』(2004)など、在日コリアンの暮らしを題材にした作品を発表し、日本のリアリズム映画界に大きな足跡を残した。

ビートたけし主演の『血と骨』は日本アカデミー最優秀監督賞、毎日映画コンクール日本映画大賞などその年の主な映画賞を席巻した。

2004年から18年間日本映画監督協会理事長を務め、2007年には俳優チ・ジニと女優カン・ソンヨンが主演を務めた初の韓国映画『ス』の演出を手掛けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『血と骨』在日コリアン監督の崔洋一さん死去

    2022.11.28 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    崔洋一さん
    TOP