주요 기사 바로가기

韓国、教権侵害が深刻…訓戒したからといって足蹴・髪の毛をつかまれる教師たち

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.22 11:35
0
蔚山(ウルサン)である女子中学生が「化粧が濃すぎる」と訓戒する担任教師を足蹴にする教権侵害事件が起きた。

21日、蔚山MBCの報道によると、17日蔚山のある中学校で1年生のAさんが担任先生Bさんを足蹴にする事件が発生した。

Bさんがこの日の午前、休みの時間に「化粧が濃すぎる」と叱ると、Aさんは4回足蹴りにしたという。

Bさんは当日、病気休暇を取った後、出勤していない。

蔚山MBCによると、先月20日には小学校6年生が黒板に他人を誹謗する落書きを書いたという理由で訓戒した担任教師の髪の毛をつかむ事件が起きた。

教権回復委員会は、この生徒を他のクラスに配置することを決め、該当教師は近いうちに出勤するという。その間、そのクラスの生徒たちは臨時担任と生活してきた。

教権侵害で衝撃を受けた教師の中には教団に立つのが怖いという理由で長期間休職をとる場合もある。教員たちは生徒に対する生活指導権限を早急に法制化し、深刻な授業妨害行為も教育活動の侵害に定めてほしいと求めている。

このように教権侵害事件が発生すれば、結局生徒の学習権が侵害される結果をもたらすという指摘もある。

全国教職員労働組合蔚山支部のムン・ミョンスク支部長はMBCとのインタビューで「教権侵害に遭うと、その問題が1カ月程度の時間を置いて解決される」とし、「教権侵害が起きたクラス、中等の場合はその侵害に遭った先生が入る授業のクラスの子どもたちが全体的に被害を受ける」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、教権侵害が深刻…訓戒したからといって足蹴・髪の毛をつかまれる教師たち

    2022.11.22 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 シャッターストック]
    TOP