주요 기사 바로가기

「トランプ氏、選挙結果に怒り…『悪い候補だった』とメラニア夫人も非難」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.10 12:03
0
米中間選挙で民主党が予想外に善戦し、トランプ前米大統領が激怒したと、CNNが9日(現地時間)報じた。CNNはこの日、トランプ前大統領の側近を引用し、このように伝えた。

報道によると、トランプ前大統領は前日に行われた米中間選挙で共和党が苦戦すると、声を高めたという。トランプ氏側の顧問は「(今回の選挙で共和党が圧勝しない)問題は候補だ。悪い候補たちだった」と話した。今回の選挙結果の責任を各候補に転嫁するものとみられる。

ニューヨークタイムズ(NYT)のマギー・ハバーマン記者はこの日、自身のツイッターに「トランプ氏はこの日午前、全国的に共和党が失望させる姿を見せたことに怒っているとし、特にメラニア夫人を含めてペンシルベニア州上院でメフメト・オズ氏を支持するよう助言した人たちを非難している」と伝えた。

 
今回の選挙はバイデン政権の中間評価でもあるが、トランプ氏の今後の動きにも重要な里程標になると評価される。トランプ氏は共和党が勝利する場合、余勢を駆って2024年大統領選挙への挑戦を発表すると予測された。

これに関連しトランプ氏は前日、マールアラーゴ付近の投票所で共和党大統領選挙でライバルになると予想されるロン・デサンティス州知事に投票したと明らかにしながら「非常に偉大な夜を送ることになるだろう」と発言し、共和党の勝利を後押しした。

しかし今回の選挙の結果、民主党は上院では改選される35議席のうち12議席を獲得し、共和党は18議席と評価される。選挙が行われた議席のうち現在、民主党が14議席、共和党が21議席だったことを考慮すれば、ほとんど変わらない。

さらに主要激戦地のペンシルベニア上院選挙では民主党所属のジョン・フェターマン候補が共和党所属のメフメト・オズ候補に50%対47%で勝利したと評価される。ここはもともと共和党議員の議席だった。

下院選挙は計435議席のうち218議席を獲得してこそ多数党になる。共和党は開票序盤65議席ほど民主党にリードしていたが、9日午前基準では18-25議席のリードであることが明らかになった。

トランプ氏は自身の2024年大統領選挙挑戦発表日程を大きく遅らせないとみられる。実際に発表を遅らせるのは「屈辱的すぎる」ということだ。ただ、この顧問はCNNに現在のところ不確実性が非常に大きいと伝えた。

◆「個人的な観点で非常に大きな勝利」

トランプ氏はこの日、自身が作ったSNS「トゥルース・ソーシャル」で「昨日の選挙は一部の面でやや残念だが、私の個人的な観点で非常に大きな勝利だった」と明らかにした。続いて「全体的に219の勝利に16の敗北、誰がこれよりもよくやっただろうか」と反問した。

トランプ氏はこの日未明には「174人が勝ち、9人が敗れた。フェイクニュースメディアは彼らの犯罪パートナーである民主党と共に可能なすべてのものをこき下ろそうとしている」とし「本当に素晴らしい候補たちが驚くことをやってのけた」とコメントした。トランプ氏は何を基準にこのように集計したかは明らかにしなかった。

トランプ氏は15日にフロリダ州マールアラーゴの自宅で重大発表をすると予告した状態だ。米メディアは事実上、次期大統領選挙出馬宣言と予想している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「トランプ氏、選挙結果に怒り…『悪い候補だった』とメラニア夫人も非難」

    2022.11.10 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ前米大統領
    TOP