주요 기사 바로가기

【コラム】ソウル~釜山20分で走破する真空列車、いまだ実験室水準=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.08 10:54
0
「飛行機より速い列車」。

次世代交通手段のひとつとして注目されるハイパーループに付けられた別称だ。ハイパーループは技術的には非常に複雑だが、単純化すれば真空状態のチューブの中に浮かせた密閉型カプセル(車両)が音速(時速1280キロメートル)に近い速度で走るシステムだ。

テスラ創業者のイーロン・マスクが2013年にハイパーループと関連したアイデアを提案して世界的に関心を集めた。彼が提示したハイパーループは米国西海岸の都市を速く結ぶことが趣旨だった。28人乗りの密閉型カプセルがチューブ内で浮上して時速1280キロメートルで走行する概念で、サンフランシスコ~ロサンゼルス間を30分で走破可能という話だった。この区間の距離は約613キロメートルで、自動車で走れば5時間30分、飛行機でも1時間ほどが必要とされる。

◇113年前にボストン~ニューヨーク12分で走破の構想

イーロン・マスクはハイパーループを提案しながら理想的な交通手段の条件もともに挙げた。他の交通手段より▽より安全で▽より速く▽費用がより安くて▽より便利で▽天気と関係なく運行でき▽地震に対する耐久性を持たなければならない――などだった。彼は該当区間のハイパーループ建設費として60億~100億ドルを予想した。これは当時米国政府が推進していた「サンフランシスコ~ロサンゼルス高速鉄道」の建設費1000億ドルの10%水準にすぎない。

事実ハイパーループのように空気圧が低い、ほとんど真空状態であるチューブ環境で車両の空気抵抗を減らして超高速走行が可能になる交通システムに対するアイデアはかなり以前から存在した。1799年に英国の工学者であるジョージ・メドハーストが真空列車の概念を最初に提案したと知られている。圧縮空気を利用し、鋼鉄のパイプを通じて物を素早く移動させるシステムを考え出したものだ。

また、米国の有名なロケット科学者であるロバート・ゴダードは1909年にボストン~ニューヨークを12分で走破できる列車を提示した。実現されはしなかったが、このアイデアの中には浮上列車、真空チューブのようなハイパーループの概念が含まれていると評価される。1970年代には米国で真空トンネル内で大型タービンを回し速いスピードで走る真空列車のアイデアも出てきた。2000年代初めにはチューブにぶらさがって移動する懸垂式磁気浮上ハイパーループの「ET3」が設計されたりもした。

イーロン・マスクはハイパーループを提案しながら「今後7~10年ほどあれば完成できるだろう」と予想したという。だが現在までに行われた実験では目標速度である時速1200キロメートル台とはまだ距離がある。2017年8月にヴァージン・ハイパーループが人を乗せられる実際の大きさのテスト列車で450メートル区間を時速309キロメートルで走るのに成功し、2020年11月にはヴァージングループのスタッフ2人が搭乗する初めての有人試験で時速172キロメートルを記録した程度だ。

【コラム】ソウル~釜山20分で走破する真空列車、いまだ実験室水準=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】ソウル~釜山20分で走破する真空列車、いまだ実験室水準=韓国(1)

    2022.11.08 10:54
    뉴스 메뉴 보기
    ヴァージン・ハイパーループの輸送システムであるXP2車両。[写真 ヴァージン・ハイパーループ]
    TOP