주요 기사 바로가기

韓国、日本の観艦式に参加…韓日米安保協力加速(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.07 07:34
0
韓米が大規模合同空中訓練「ビジラントストーム」を1日延長して5日に終え、北朝鮮の追加挑発の動きを鋭意注視している。韓米が米国の戦略資産を常時配備水準で韓半島(朝鮮半島)に展開することに合意し、海軍の艦艇が7年ぶりに日本が主催する観艦式に参加するなど韓米日安保協力も急速に強化している。

韓国海軍の補給艦「昭陽(ソヤン)」(1万1000トン級)は6日午前11時39分ごろ日本の相模湾で開かれた海上自衛隊創設70周年記念国際観艦式に姿を表わした。海上自衛隊の護衛艦を先頭にした多国籍艦隊の最後の隊列で日本の岸田文雄首相が乗船した「いずも」(2万7000トン級)に向かって敬礼するなど海上観閲をした。

イ・ジョンホ海軍参謀総長など各国の海軍首脳部も「いずも」に搭乗していた。イ総長は今回の観艦式を機に7日から2日間にわたり開かれる西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)に参加する。観艦式を終えた「昭陽」は7日に開かれる多国籍合同訓練である海上捜索・救助訓練(SAREX)に参加した後、10日ごろ帰還する。日本主催の観艦式に韓国海軍の艦艇が参加するのは2015年から7年ぶりだ。2015年の観艦式には駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」(4400トン級)が参加した。

◇ミサイル3日間で35発挑発した北朝鮮「核能力天下に刻印」

今回の観艦式は日本で20年ぶりに開かれる2度目の国際観艦式だ。観艦式には韓国、米国、オーストラリア、インド、カナダ、シンガポールなど12カ国から18隻の艦艇が参加した。

梨花(イファ)女子大学北朝鮮学科のパク・ウォンゴン教授は「韓米日安保協力がさらに重要になる状況で、特に日本との協力は海軍間の協力。北朝鮮の挑発が続く中で観艦式に参加することにより協力の空間をさらに広げることができる」と話した。

北朝鮮は韓米のビジラントストーム訓練期間に「火星17型」と推定される大陸間弾道ミサイル(ICBM)1発を含め合計35発のミサイルを撃つなど緊張を高め続けている。今回の訓練開始前から「北侵戦争演習」と猛非難した北朝鮮は、2日に休戦後で初めて北方限界線(NLL)を越えてミサイルを撃った。また、4日には軍用機180機余りを出撃させ空対地射撃に出るなど、合同空中訓練に敏感な反応を見せた。今回の訓練最終日である5日には米国の戦略資産である超音速爆撃機B1Bランサー2機が韓半島に緊急展開した状況でも西海(黄海)に向けミサイル4発を連続して撃った。

◇F35Aがいる清州基地狙いCRBM実験

韓国合同参謀本部によると、北朝鮮は平安北道東林郡(ピョンアンブクド・トンリムグン)一帯でこの日午前11時32分ごろから27分間にわたり西海上に弾道ミサイル4発を発射した。中国・丹東からわずか30キロメートル離れたたところから西海にミサイルを撃つ異例の軍事行動のため韓国政府と軍当局はその意図を分析している。韓米軍当局はミサイル4発いずれも約20キロメートルの高度で約130キロメートルを飛行したものと探知した。速度はマッハ5程度だった。専門家らは「北朝鮮版KTSSM」と評価される新型戦術誘導兵器を撃ったと推定した。KTSSMは国防科学研究所(ADD)が開発している新型戦術地対地ミサイルだ。北朝鮮は同じミサイルを4月16日に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が参観する中で試験発射している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、日本の観艦式に参加…韓日米安保協力加速(1)

    2022.11.07 07:34
    뉴스 메뉴 보기
    韓国海軍の軍需支援艦「昭陽」(写真=海軍提供)
    TOP