주요 기사 바로가기

徐ギョン徳教授、日本観艦式参加13カ国の海軍に「旭日旗=戦犯旗」広報

ⓒ 中央日報日本語版2022.11.04 09:49
0
6日に日本で開催される国際観艦式行事に参加する13カ国(韓国、日本除く)の海軍側に対し、韓国誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が旭日旗が戦犯旗であることを知らせるメールを送ったと4日、明らかにした。

徐教授はこの日、自身のフェイスブックに「今回のメールでは、現在の日本の『自衛艦旗』は過去の帝国主義と軍国主義を象徴する『旭日旗』であり、ドイツのハーケンクロイツと同じ意味の『戦犯旗』と説明した」とし、このように伝えた。

続いて「日本外務省の旭日旗広報資料にも自衛艦に掲揚された旗の写真と共に、1954年に制定された自衛隊法施行令により旭日の意匠を用いると紹介されていて、日本政府は公式に『自衛艦期=旭日旗』であることを認めている状況だと知らせた」と説明した。

そして「『しかし日本は今まで旭日旗を堂々と使用し、アジアの人々に戦争の恐怖を想起させる非常識な行為をいつもしている』と指摘した」と伝えた。

徐教授は「私は単に今回の観艦式を通じて、まだ旭日旗の真実を知らない各参加国の海軍側に旭日旗の歴史的事実を正確に知らせたかっただけ」とし「今回のメールには理解を助けるために、旭日旗に関する映像と旭日旗を戦犯旗と認めて変更した国際機構およびグローバル企業の事例集を共に添付した」と説明した。

最後に「今はカタールワールドカップ(W杯)も準備しなければいけない。ロシアW杯当時にFIFA公式SNSに登場した旭日旗応援写真と公式主題歌のミュージックビデオに出てきた旭日旗模様をなくしたように、今回もみんなで力を合わせよう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    徐ギョン徳教授、日本観艦式参加13カ国の海軍に「旭日旗=戦犯旗」広報

    2022.11.04 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    韓国海軍の軍需支援艦「昭陽」(写真=海軍提供)
    TOP