주요 기사 바로가기

韓国与党議員「BTSの軍入隊決定を尊重、国会が後押しできず申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.18 14:26
0
BTS(防弾少年団)メンバーの兵役免除に積極的に取り組んできた成一鍾(ソン・イルジョン)国民の力政策委員会議長が18日、「国会が制度的に公平に後押しすることができず申し訳ない」とコメントした。

成議長はこの日、フェイスブックで「BTSのメンバーが結局、軍入隊を決定した。その間、国会国防委員としてBTSメンバーの代替服務を主張してきたが、私は彼らの決定を尊重する」と伝えた。

成議長は「BTSのメンバーがもう少し国家のために寄与できる機会を提供できず残念だが、空白期間に国民とARMY(ファン)が変わりなく応援しているので、多くのアイデアが出てきて成熟する機会になると考える」とし「完全体BTSを次に見るには2025年まで待たなければならないのは残念だが、全世界のARMYと共に待つ」と書いた。

そして「今まで、そして今後も、BTSの芸術魂が大韓民国の国格をさらに高め、国民に自負心になることに常に感謝する」と付け加えた。

BTSは17日、最年長メンバーのJIN(キム・ソクジン、30)から順に兵役の義務を果たすという立場を明らかにした。所属事務所側は「JINは今月末に入営延期取り消しを申請し、兵務庁の入営関連手続きに従う」とし「他のメンバーも順に兵役を履行する予定」と伝えた。これを受け、5年間続いた大衆文化芸術家兵役特例論争に終止符を打つことになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党議員「BTSの軍入隊決定を尊重、国会が後押しできず申し訳ない」

    2022.10.18 14:26
    뉴스 메뉴 보기
    BTS
    TOP