주요 기사 바로가기

公演当日「歌手不参加」通知…LAでかいた「K-POP大恥」の顛末

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.17 06:59
0
米国で開かれることにした大型K-POPコンサートに出演陣が大勢参加しない「ノーショー(No-show)」事態が起きた。主催側がこのような事実を公演当日に通知し、払い戻し措置もきちんと行わなかったため、論議が広がっている。会いたかった歌手を指折り数えて待っていた現地K-POPファンは怒りをぶつけている。

米ロサンゼルス(LA)・パサデナのローズボウルで15~16日(現地時間)に開かれる予定だったK-POPコンサート「KAMP LA 2022」が開始前から破局を迎えた。出演が予定されていた15チームのうち7チーム(GOT7ベンベン、チョン・ソミ、EXOカイ、Lapillus、少女時代テヨン、Zion.T、MONSTAX)がビザ発給問題で舞台に上がらなかったためだ。公演主催会社であるキャンプグローバル(KAMPGlobal、以下キャンプ)は公演当日の15日、ツイッターを通じて「予測できなかったビザ問題、アーティストと企画事務所の統制外にある状況であるため、アーティストたちが予定通りに(米国)旅行することができないということに気付いた」と伝えた。

韓国歌手が米国で有料コンサートなど営利活動を行うためには、別途の公演ビザを発給する必要がある。今回出演が取り消された歌手の所属事務所側は、ビザ申請などの業務が公演主催側であるキャンプの所管だったという立場だ。キャンプの要請により、ビザ申請の事前作業にも協力したが、公演が差し迫ってキャンプからビザ不承認の事実を通知されたという。ある公演業界関係者は「たまにビザ承認ができず問題になる場合はあっても、このようにお知らせが遅れる場合は珍しい」として「主催側の業務処理が未熟だとしかない」と話した。

キャンプの後続対応も俎上に上がった。キャンプは2日目の公演に上がる2チームを初日のラインナップに追加し、チームに割り当てられた公演時間を伸ばした。これに伴い、P1Harmony、T1419、MOMOLAND、iKON、SUPER JUNIORが突然舞台に立った。払い戻し関連の対応も非難されている。キャンプは16日正午までに払い戻しを申し込んだ観客に限って、1日の公演チケットは100%、両日の公演チケットは50%を払い戻しすると知らせた。主催側のミスでラインナップが変更された状況で、責任を観覧客に転嫁したのだ。現地K-POPファンはキャンプの公式ツイッターに「チケット代の全額を払い戻してほしい」「プロらしくない」という非難を吐き出している。

外信も今回の事件に注目している。米国大衆音楽メディアビルボードは15日「主催側は今回の公演が『米国史上最も大きなK-POPイベント』になると予測したが、2日間の祭りは急速に計画が変わっている」と伝えた。また「キャンプ側がビザ問題で多数のアーティストが公演できないという事実を公演前日に内部的に共有していたと把握した」と伝えた。

キャンプはK-POP、eスポーツ分野の文化行事企画会社だ。2019年最初のプロジェクトとして「KAMP Singapore 2019」を開き、業界に進出した。その後、公演実績がほとんどない事実上「若い会社」だ。初公演にはSUPERJUNIOR、NCT127、GFRIEND、MOMOLAND、宇宙少女など有名アイドルたちが舞台に上がり、約2万5000人の観客を動員した。その後、3年ぶりに開催した非対面行事が論議を呼んだ今回のコンサートだ。キャンプの代表取締役ティム・キム氏(Tim Kim)は過去のメディアインタビューで「キャンプを米国の大型音楽フェスティバルであるコーチェラ・フェスティバルのように育てたい」と明らかにした。中央日報は、今回の事件に対するキャンプ側の説明を聞くために書面で質疑したが、返信を受けることができなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    公演当日「歌手不参加」通知…LAでかいた「K-POP大恥」の顛末

    2022.10.17 06:59
    뉴스 메뉴 보기
    公演当日「ノーショー」(No-show)通知で物議をかもした「KAMP LA 2022」初日、K-POPファンが歓呼している。[KAMPGlobalツイッター キャプチャー]
    TOP