주요 기사 바로가기

【コラム】朝鮮倭軍墓、日本の耳塚…壬辰倭乱の「2つの墓」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.06 14:31
0
2日午後7時ごろ、鳴梁大捷祭りが開かれた全羅南道珍島郡(チンドグン)欝陶項(ウルドルモク)。「全軍、出征しろ」という号令に合わせて朝鮮の板屋船がスクリーンに登場した。1597年9月16日の鳴梁(ミョンリャン)海戦をCGで再現した映像だ。観客は横20メートル、縦5メートルのスクリーンから目を離せなかった。李舜臣(イ・スンシン)将軍が13隻の船で133隻の倭軍を撃破する姿が迫力ある描写で映し出された。後にこの戦闘は7年間続いた壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を終わらせるのに決定的な役割をすることになった。

戦闘で敗れた倭軍は大きな打撃を受けた。退却後、珍島沖には倭軍の遺体も浮いていた。見かねた珍島の住民は遺体を陽のあたる場所に埋めた。鳴梁大捷があった鳴梁海峽から10キロほど離れた倭徳山(ウェドクサン)墓地だ。倭徳山は「倭人に徳を施した」という意味だ。

鳴梁海戦から425年後の先月24日、珍島倭徳山。鳩山由紀夫元首相が慰霊祭の現場を訪れた。鳩山氏は「鳴梁海戦で命を落とした日本水軍を珍島の住民が埋めた事実を日本人一人一人が忘れてはならない」と述べた。壬辰倭乱当時に朝鮮を侵略した日本の持続的な謝罪がなければいけないという点も強調した。

鳩山氏は昨年11月8日、岡山の耳塚でも日本の謝罪を促した。耳塚は倭軍が削いで持ち帰った朝鮮軍と農民の耳を埋葬したところだ。後に耳だけでなく鼻も埋めた事実が明らかになり、耳鼻塚と呼ばれる。

日本の耳鼻塚は豊臣秀吉の命令で1597~1598年に日本各地に造られた。柳成龍(リュ・ソンリョン)が『懲毖録』に「倭人は朝鮮人を見ると鼻や耳を削ぎ落とし、鼻や耳がない朝鮮の人が多かった」と記録したほどだ。鳩山氏は「(壬辰倭乱当時の倭軍は)朝鮮人の耳や鼻が削いで戦功を計算した」とし、耳鼻塚の意味を強調した。

自治体と専門家らは鳩山氏の最近の言行は意味が大きいという反応だ。韓日間の歴史認識共有と両国平和交流の突破口を開いたという分析もある。日本国内の知韓派の鳩山氏は壬辰倭乱と強制徴用に対する日本の謝罪を促してきた人物だ。鳩山氏は6日には全南大を訪問し、「友愛による東アジアの未来」をテーマに講演する。

その間、鳩山氏が韓日間の平和を目指してきた過程は日本の謝罪が前提だ。倭徳山では「(日本の)謝罪は苦痛を受けた人が『もういい』という時までしなければいけない」と述べた。壬辰倭乱が残した2つの墓を行き来しながら「日本責任論」を強調した鳩山氏が光州(クァンジュ)でどんなメッセージを残すかが注目される。

チェ・ギョンホ/光州総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】朝鮮倭軍墓、日本の耳塚…壬辰倭乱の「2つの墓」

    2022.10.06 14:31
    뉴스 메뉴 보기
    京都にある朝鮮人の耳塚 [中央フォト]
    TOP