주요 기사 바로가기

ミサイル弾頭、民家から700メートル地点に墜落…軍は知らせず、江陵で恐怖の夜

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.06 07:51
0
4日の北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射に対応して韓米軍当局が同日夜、精密打撃能力を誇示する訓練をする間、韓国陸軍の玄武-2Cミサイルが発射直後に墜落して炎上し、地域住民に恐怖心を抱かせた。あわや大事故につながるところだったが、軍は関連事実を知らせず住民の不安感を深めた。

韓米軍当局は4日午後11時から江原道(カンウォンド)東海岸の空軍基地で地対地ミサイル射撃訓練を実施した。先に韓国陸軍の玄武-2Cミサイルを発射したが、発射直後に異常飛行して基地内で墜落するという事故が発生した。軍関係者は「発射直後にミサイルが前(海上)でなく後ろ(陸地)に飛び、基地内のゴルフ場に非正常的に落ちた」とし「弾頭は民家から700メートルほど離れたところに墜落した」と説明した。

爆発音と同時に炎が上がると、近隣住民は消防署に通報し、撮影映像をSNSに載せるなどの大騒ぎとなった。炎を目撃した住民のキム・ヒスさん(44)は「4日夜11時ごろ飛行機が離陸するような音がし、ドーンという轟音が響いた」とし「爆発後に炎が100メートルほど上がり、大量の煙が広がった」と伝えた。空軍基地の近隣に住むクォンさん(43)は「深夜に訓練をするのなら最小限の案内はするべきだ」とし「何が起きたのか分からず朝まで不安で眠れなかった」と語った。

大火災につながりかねないミサイル落下は事故だったが、軍当局は翌日朝まで事故についていかなる説明もしなかった。韓国軍の合同参謀本部は5日午前7時ごろ、韓米軍が戦術地対地ミサイルのTACMS(エイタクムス)を2発ずつ計4発発射したという内容の報道資料を出しながらも、玄武-2Cの発射失敗については口を閉じた。その後、記者らに事故の事実を別に知らせた。

軍関係者は「(住民らが見た炎は)弾頭が爆発したものではなく、落下した推進体が燃焼して見えた火」とし「発射直後に基地内に落ち、人命事故など民間の被害はなかった」と明らかにした。そして「地域住民はかなり驚いたはず」とし、ようやく謝罪した。

ATACMS発射は玄武-2C墜落から約2時間後の5日0時50分ごろ行われた。軍情報筋は「お互い落ちた位置に移動式発射台(TEL)が配置されていて、事故を収拾した後、安全点検を経てATACMSの射撃をした」と話した。

玄武-2ミサイルの発射失敗は今回が初めてではない。文在寅(ムン・ジェイン)政権だった2017年9月15日にも北朝鮮の弾道ミサイル発射に対応するとして発射した玄武-2Aミサイル2発のうち1発が発射直後に東海(トンヘ、日本名・日本海)上に落ちた。峨山政策研究院のヤン・ウク副研究委員は「軍の核心武器は実戦状況で必ず正常稼働しなければいけない」とし「味方に被害を与える深刻な状況だが、なぜ同じ事故がまた発生するのか納得しがたい」と述べた。

玄武-2ミサイルの射撃自体が少なく、軍内外ではミサイル欠陥の可能性も言及されている。玄武-2Cの場合、実戦配備後の射撃は今回が3回目だった。合同参謀本部の関係者は「国防科学研究所(ADD)側と原因を精密調査中」とだけ話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ミサイル弾頭、民家から700メートル地点に墜落…軍は知らせず、江陵で恐怖の夜

    2022.10.06 07:51
    뉴스 메뉴 보기
    4日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)挑発に対応して韓国陸軍が玄武-2Cミサイルを発射したが、発射直後に基地内に墜落し、炎上している。軍当局は弾頭が民家から700メートルの地点に落ちたとし、正確な原因を把握中と明らかにした。 [写真=読者]
    TOP