주요 기사 바로가기

韓国出店500軒突破のSUBWAY…CEO訪韓「Kカルチャーのおかげ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 15:50
0
サンドイッチチェーンのSUBWAYコリアは今月4日、ジョン・チッジー最高経営責任者(CEO)が出席する中、最近オープンしたSUBWAY望遠(マンウォン)漢江(ハンガン)公園店で500号店突破記念行事を行ったと5日、明らかにした。

500号店の突破はSUBWAYが1991年に韓国進出を果たしてから31年目のことだ。

100号店をオープンした2014年8月を基準として見ると、8年間に店舗数が5倍規模に急成長した。韓国に進出したグローバルQSR(Quick Service Restaurant)ブランドのうち群を抜く成長ぶりだ。

SUBWAYは1991年5月に汝矣島(ヨイド)63ビル地下アーケードに1号店を出しながらマスターフランチャイズ方式で韓国市場に初めて進出し、2006年に米国本社が韓国支社を設立して直接進出した。

その後、SUBWAYコリアは2009年から全面的なシステム再整備と大々的なブランドリニューアル作業を断行し、2010年代中盤から顕著な伸びを見せ始めた。

SUBWAYの韓国店舗数は2014年108カ所、2015年151カ所、2016年214カ所、2017年304カ所、2018年352カ所、2019年387カ所、2020年436カ所、2021年481カ所に増加した。7年間の年平均増加率は23.8%で、年間53.3カ所、月間4.4カ所の勢いで売り場が増えた。9月末基準の店舗数は516カ所にのぼる。

SUBWAYはウェルビーイングのトレンドと単身世帯の拡散の最大恩恵ブランドに挙げられる。新鮮な食材料を使った手軽でヘルシーな1食が取れる点と個人の細かい好みまでカスタマイズできるSUBWAY特有のカスタマイジング注文方式が消費文化を主導するMZ世代の全面的な支持を受けて高速成長を遂げている。

MZ世代に狙いを定めた多彩なマーケティング活動も功を奏した。2PMのジュノ、ク・ギョファン、パク・ジファン、MAMAMOO(ママムー)のファサら話題性高くて個性の強い芸能人やセレブをいち早くブランドモデルとして起用し、人気ドラマを対象に積極的なPPLを進めてトレンドに敏感なMZとアルファ世代を効果的に攻略した。

SUBWAYコリアの成功的なPPL(間接広告)マーケティングは「K-ドラマブーム」に乗って韓流が盛り上がっているアジア地域で「K-SUBWAYブーム」まで巻き起こしている。韓流の人気が格別高いインドネシアではSUBWAYコリアがPPLを進めた多数のK-ドラマの人気おかげで、2000年10月完全撤収したSUBWAYが21年ぶりの昨年10月、ジャカルタ現地に新たにオープンして再進出に成功した。

韓国500号店突破を祝うために特別訪韓したジョン・チッジーCEOは「K-POP、BTS、『イカゲーム』などを筆頭とした世界文化の中心地・韓国で、SUBWAYがK-カルチャーのもう一つの軸として大きな人気を博していて非常に幸せ」とし「店で最高のサービスで顧客を迎えてくれているサンドイッチアーティストと店主、そして数多くのSUBWAYパートナー方々の努力と献身に真心を込めて慶賀と拍手を送る」と述べた。

SUBWAYコリアのチョ・インス代表は「景気不況と新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)パンデミックなど難しい経済状況の中でも顧客の愛と加盟店主の献身のおかげで持続的な成長を遂げることができた」とし「新鮮で安全な食材料で作ったおいしくヘルシーなサンドイッチで顧客の声援に応える一方、持続的な革新を通じて加盟店主とともに成長する共生のブランドになりたい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国出店500軒突破のSUBWAY…CEO訪韓「Kカルチャーのおかげ」

    2022.10.05 15:50
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 SUBWAYコリア]
    TOP