주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮、4500キロのIRBM発射…国論が分裂すれば挑発を防ぐことができない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 12:06
0
短距離弾道ミサイル(SRBM)の挑発を続けていた北朝鮮が昨日、日本上空を通過する中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射した。日本列島を通過するミサイルを発射したのは5年ぶりのことだ。2017年、韓半島(朝鮮半島)の情勢を一触即発に追い込んでいた北朝鮮が、さらに高度化した核ミサイル兵器で再び韓半島と北東アジア、国際社会を揺さぶっている。昨日は10・4南北首脳宣言15周年だった。

合同参謀本部によると、北朝鮮は「火星12」に推定されるミサイルを慈江道茂坪里(チャガンド・ムピョンリ)から太平洋に向かって正常角度で発射した。マッハ17(音速17倍)の速度、970キロ高度で4500キロ余りを飛行した。歴代最大の射程距離だ。在日米軍戦力はもちろん、韓半島有事の際、米軍戦略資産発進基地であるグアム(3500キロ)を打撃できる。一言でいうと「韓米合同演習、韓日米連合対潜水艦演習も恐れない。韓国の核とミサイルで十分制圧する。核保有国として自分の道を歩む」というデモだ。

国家安保室は、国家安全保障会議(NSC)常任委を開いて北朝鮮のミサイル発射を明白な国連安保理決議違反であり、平和に対する重大な脅威とし、強く糾弾した。米ホワイトハウスNSCは「無謀で危険な決定」、日本の岸田首相は「暴挙」と明らかにした。日本の北海道などには住民避難令まで下された。この日、韓日米の安保室長と外相らは電話会談を通じて共同対応策を協議し、備え態勢に声を一つにした。過去5年とは異なり、韓日米3カ国が北朝鮮の挑発に緊密に協力する雰囲気が作られたのは幸いなことだ。

問題は、北朝鮮がIRBM発射を信号弾として本格的な戦略挑発に乗り出し、韓半島の安保危機がさらに高まるだろうという点にある。中国とロシアを信じて、今後7回目の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)および潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)実験を強行する可能性が大きい。ダニエル・クリテンブリンク国務次官補はこの日、あるフォーラムで「条件なしに会う準備ができていると言ったが、北朝鮮は弾道ミサイル発射で答えた」とし、米国が北朝鮮に数回にわたって対話を提案した事実を公開した。

金正恩(キム・ジョンウン)、金与正(キム・ヨジョン)兄妹はすでに韓国を相手に戦術核を先制使用できると露骨に威嚇した。北朝鮮の最近の挑発が、兵器高度化試験のレベルを超え、軍兵力対象の実戦訓練だという分析も少なくない。厳重な状況だ。プーチン露大統領の核の脅威も変数だ。韓国社会の安保警戒心は鈍くなっており、政界は陣営争いに余念がない。昨日、NHKが緊急特報を報じる間、韓国の公営放送は平穏にトークショーを放送した。外交・安保当局の集中力、政界の超党派協力が切実だ。声を一つにして一貫して対応すれば、脅威ではなく交渉の道に北朝鮮を向かわせることができる。国論が分裂すれば、北朝鮮の挑発を防ぐことはできない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】北朝鮮、4500キロのIRBM発射…国論が分裂すれば挑発を防ぐことができない

    2022.10.05 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が2017年9月16日に朝鮮中央通信で公開した中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」の発射シーン。北朝鮮が前日、太平洋上に発射した「火星12」は、日本列島を通過した。 [中央フォト]
    TOP