주요 기사 바로가기

尹大統領、「北朝鮮は決然とした対応に直面するだろう」…韓日米安保室長と電話会談

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 07:32
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は4日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)の発射を「無謀な挑発」とし、当局に相応する措置を求めた。尹大統領は同日午前、龍山(ヨンサン)大統領室の出勤途中のぶら下がり取材で「北朝鮮から4000キロ程度飛行する中長距離ミサイルを日本列島の上に発射した」とし、「こうした無謀な核挑発は、軍をはじめ同盟国、国際社会の決然とした対応に直面するだろう」と述べた。

尹大統領はその後、金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長の主宰で進められた国家安全保障会議(NSC)常任委員会で、「今回の挑発は国連の普遍的原則と規範に明確に違反したもので、厳正に対応し、米国および国際社会と協力して相応の措置を推進していく」と指示した。常任委の進行中に会議場を訪れた尹大統領は「米国の拡張抑制公約の強化と北朝鮮の核・ミサイルの対応に向けた韓日米安保協力水準を高めていくよう協議してほしい」とも指示したと安保室が伝えた。

同時に、金室長は、ジェイク・サリバン米ホワイトハウス国家安保補佐官、秋葉武雄国家安全保障局長とそれぞれ電話会談を行い、北朝鮮の弾道ミサイルに対する評価と対応策について協議した。イ・ジェミョン大統領室副報道官は、「韓米安保室長は、北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射が韓半島(朝鮮半島)だけでなく北東アジアおよび国際平和と安定を脅かす重大な挑発行為であり、国連安保理決議の明白な違反だということで一致した」とし、「韓米、韓日間の緊密な協力で北朝鮮の挑発に断固として対応する一方、多様な対北朝鮮抑制策を模索するため、国際社会との協力を強化していくことで一致した」と伝えた。

尹大統領は出勤途中に「文在寅(ムン・ジェイン)前大統領の監査院書面調査拒否をどう考えるか」という質問を受け、「監査院は憲法機関であり、大統領室と独立的に運営される機関で、大統領が言及するのは適切ではないと考える」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領、「北朝鮮は決然とした対応に直面するだろう」…韓日米安保室長と電話会談

    2022.10.05 07:32
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領が4日、緊急国家安全保障会議(NSC)で報告を受けている。[写真 大統領室]
    TOP