주요 기사 바로가기

【コラム】「金正日の遺書」入手した脱北博士…なぜ文政権でスパイ扱いされたのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.04 14:01
0
南北が激しく対立して「南南葛藤」も深刻な韓半島(朝鮮半島)で、北朝鮮関連情報を暴いたり対北朝鮮工作の一線に投入されることは命にかかわるほど危険だ。北朝鮮のあらゆる脅迫にも屈することなく持ちこたえたが、文在寅(ムン・ジェイン)政権でスパイ扱いされて苦しんだ2人がいる。脱北知識人イ・ユンゴル北朝鮮戦略情報サービスセンター代表(54)とベテラン対北朝鮮工作官出身のチョン・ギュピル予備役陸軍大佐(ホリム安保協議会会長、58)だ。2人は共に「文政権時代の国家情報院と検察のあきれる『スパイ扱い』の真相を究明すべきだ」と訴えた。最近2人に会ってこれまでの事情を聞いた。

イ・ユンゴル代表はキリスト教の家庭で生まれたうえ、祖父母の兄弟が38度線を越えたため北朝鮮に残った家族は最下層民として暮らした。奇跡的に北朝鮮の3大名門の一つ、平壌(ピョンヤン)理科大学を卒業し、金日成(キム・イルソン)主席のための「万寿無疆研究所」所属の青岩山(チョンアムサン)研究所(護衛司令部管轄)で研究員として勤務していたが、2005年に「間違った北朝鮮体制を変える」と決心して脱北した。

忠南大で生命工学博士学位を取得したイ氏は統一部・国家情報院・国軍情報司令部など主要対北朝鮮機関と協力し、北朝鮮の内部情報を収集して分析報告書を提供してきた。イ氏がメディアの注目を受けたきっかけは金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去(2011年12月)からわずか4カ月後の2012年4月に「金正日の遺書」を入手して公開した時だった。同年11月に『金正日の遺書と金正恩の未来』を出版し、2013年12月の張成沢(チャン・ソンテク、金正恩の叔母の夫)失脚を予想して対北朝鮮情報入手能力を立証した。特にイ氏が北朝鮮内部情報を根拠に「核・ミサイル・生物化学武器は『金氏一族の宝物』であるため、政権が滅びる前には決して手放さない」と力説すると右派は歓呼したが、左派は「脱北者=背信者」フレームをかぶせて攻撃した。

案の定、2018年の6・13地方選挙で民主党が圧勝すると、翌日午前8時、国家情報院は家宅捜索令状を持って自宅と事務室に押しかけた。6月21日、イ氏は国連の対北朝鮮制裁を破って北朝鮮と中国が丹東の港で原油を秘密取引する北朝鮮「清流1号」の写真を入手して暴露したが、7月16日に軍事機密保護法違反の容疑で拘束された。

国軍情報司令部の元現幹部に対して軍事機密関連捜査をしていた国家情報院と検察がイ氏を結びつけて、突然、対北朝鮮情報を日本に渡した破廉恥犯にしたのだ。イ氏は「大韓民国のために仕事をしたのに、怒りが込み上げてきた。命を投げて抵抗することも考えた」と当時の心境を振り返った。拘束状態で裁判を受け、2019年1月31日に一審で懲役2年、執行猶予2年を言い渡された。

解放されたイ氏は緻密な反論資料を集め、同年7月26日にソウル高裁で無罪判決を受けた。二審では「日本に渡したという資料はイ氏が普段から扱った北朝鮮情報にすぎない」と判断した。検察が上告したが、同年10月31日に大法院(最高裁)で無罪が確定した。

イ氏になぜこのようなことが起きたのだろうか。「北朝鮮内部の機密を引き出してくるため北側が手を加えるよう指図したようだ。文政権が2018年に南北対話と米朝対話を推進した頃、私は『金正日遺書』と金正日が直接書いた『回顧録』など北朝鮮情報を根拠に、金正恩には非核化の意志がなく核問題は絶対に解決しないと主張してきた。主体思想派の運動圏出身が主導する文政権に憎まれた」。

イ氏は「誰が無理に拘束を主導したのか察することができる。自由と統一のために正しいことをしてきた私を苦しめた人たちが法律違反者であり罪人だ。大韓民国の憲法を蹂躪した者が罰を受けなければいけない」と声を高めた。イ氏は「金正恩が最近、核先制使用条件を法制化した。文政権は北朝鮮の核・ミサイル強化に時間を与えた」と批判した。続いて「北朝鮮政権が崩壊して統一すれば、主体思想派は自分たちの結託と内通の事実が表れることを最も恐れる」とし「文政権の過ちを必ず正さなければいけない」と主張した。

【コラム】「金正日の遺書」入手した脱北博士…なぜ文政権でスパイ扱いされたのか(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】「金正日の遺書」入手した脱北博士…なぜ文政権でスパイ扱いされたのか(1)

    2022.10.04 14:01
    뉴스 메뉴 보기
    イ・ユンゴル北朝鮮戦略情報サービスセンター代表が2012年初めに入手した「金正日(キム・ジョンイル)の遺言」が入った本を持っている姿。 チャン・セジョン記者
    TOP